【レパードステークス 2022】関西組に危険信号!?過去データでブッタ斬り! 出走・枠順・予想



レパードステークス(G3)

2022/8/7(日) 新潟ダ1800m
3歳オープン (国際)(指)(馬齢)

レパードステークス 2022
出走予定メンバー(8/4時点)

馬名 年齢 騎手 前走
インディゴブラック牡3西村淳3歳以上1勝ク1着
【人気】カフジオクタゴン牡3ホー鷹取特別(2勝ク)1着
ギャラクシーナイト牡3菊沢プリンシパルS(L)14着
シダー牝3藤岡康対馬特別(2勝ク)1着
【人気】タイセイドレフォン牡3川田弥冨特別(2勝ク)1着
トウセツ牡3インディアT(2勝ク)2着
【人気】ハピ牡3藤岡佑ジャパンDD4着
バレルゾーン牡3三浦3歳以上1勝ク1着
ビヨンドザファザー牡3北村友ユニコーンS7着
ヘラルドバローズ牡3松山3歳以上1勝ク1着
【人気】ホウオウルーレット牡3福永いわき特別(2勝ク)1着
メイショウユズルハ牡3岩田康わらび賞(1勝ク)1着
ライラボンド牡3長岡3歳以上1勝ク1着
ラブパイロー牝3野中関東オークス2着
レッドラパルマ牡3Mデムーロ3歳以上1勝ク1着

レパードステークス 2022 枠順確定

1ヘラルドバローズ56.0kg松 山
2タイセイドレフォン56.0kg川 田
3メイショウユズルハ56.0kg岩田康
4インディゴブラック56.0kg西村淳
5レッドラパルマ56.0kgMデムーロ
6ビヨンドザファザー56.0kg北村友
7バレルゾーン56.0kg三 浦
8トウセツ56.0kg
9ハピ56.0kg藤岡佑
10ホウオウルーレット56.0kg福 永
11ギャラクシーナイト56.0kg菊 沢
12シダー54.0kg藤岡康
13ラブパイロー54.0kg野 中
14ライラボンド56.0kg長 岡
15カフジオクタゴン56.0kgホー

レパードステークス 2022 有力馬情報

ホウオウルーレット:1人気予想

半兄にダート界の帝王オメガパフューム。コースレコードタイで勝利した前走を筆頭に、ここまでの3勝はいずれも後続に決定的な着差をつけての圧巻勝ち。脚質に自在性があるのも強みで死角らしい死角がない。

日付 レース 着順
22/07/16 いわき特別(2勝ク) 1人気①着
22/05/15 青竜S(OP) 3人気②着
22/03/26 伏竜S(OP) 1人気⑤着
ハピ:2人気予想

デビューから3連勝で臨んだジャパンダートDは④着に負けたとはいえ、勝ち馬とは0秒3差。それも泥んこの不良馬場を後方からメンバー中上がり最速の脚で追い込んでとなれば、ここで評価を下げる理由はまったくない。

日付 レース 着順
22/07/13 ジャパンダートD(Jp1) 2人気④着
22/05/22 鳳雛S(L) 1人気①着
22/03/19 3歳1勝クラス 3人気①着
タイセイドレフォン:3人気予想

前走の弥冨特別は驚天動地の8馬身差圧勝劇。いかに2勝クラスとはいえ、この時期の3歳が古馬相手にこれだけの着差をつけるのは並大抵ではない。この馬を下したハピともども、今年の3歳ダート世代は層が厚い。

日付 レース 着順
22/06/14 弥冨特別(2勝ク) 1人気①着
22/05/22 鳳雛S(L) 3人気②着
22/02/20 ヒヤシンスS(L) 7人気⑪着
カフジオクタゴン:4人気予想

単勝1.1倍の人気に応えて6馬身勝ちを決めたのはデビュー2戦目のこと。その後④着馬までが勝ち上がっていることを思えば、到底2勝クラス程度で収まる器ではない。世界の矢作厩舎と香港の俊英ホーとのコンビも不気味に映る。

日付 レース 着順
22/06/25 鷹取特別(2勝ク) 5人気①着
22/06/12 八王子特別(2勝ク) 3人気⑧着
22/01/23 3歳1勝クラス 1人気①着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

レパードステークス
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3
(※過去10年)

穴ファクター1【枠順別成績】

枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 1- 8/10 10.0% 10.0% 20.0%
2枠 1- 0- 3-15/19 5.3% 5.3% 21.1%
3枠 1- 0- 2-16/19 5.3% 5.3% 15.8%
4枠 2- 3- 0-15/20 10.0% 25.0% 25.0%
5枠 2- 2- 1-15/20 10.0% 20.0% 25.0%
6枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 5.0% 15.0%
7枠 2- 1- 1-16/20 10.0% 15.0% 20.0%
8枠 1- 3- 0-16/20 5.0% 20.0% 20.0%
POINT

【結論】枠の有利不利はなし!

コーナーの角度が比較的タイトな分、イン前でロスなく運んだ馬が有利なイメージがあるけど、どの枠も万遍なく来ているね。

実際、2年前は1枠が勝ったかと思えば、昨年は8枠のワンツー。変な思い込みに囚われないよう注意しよう!

ちなみに僕ら暴露王は、どっちの年もしっかり万馬券をお届けしているよ!(※20年:7人気◎ケンシンコウ→1枠で①着、21年:10人気◎スウィープザボード→8枠で②着)。

穴ファクター2【騎手所属別成績】

騎手所属 着別度数 勝率 連対率 複勝率
関東 8- 5- 7- 74/ 94 8.5% 13.8% 21.3%
関西 2- 4- 3- 42/ 51 3.9% 11.8% 17.6%
POINT

【盲点】今年こそ関東ジョッキーが狙い目!

出走頭数は2倍くらいの差にとどまってるのに、過去10年中8勝が関東ジョッキーなのは無視できないよ!

なのに今年の人気上位は、ホウオウルーレット(いわき特別①着)が福永J、ハピ(ジャパンダートD④着)が藤岡佑J、タイセイドレフォン(弥冨特別①着)が川田J、カフジオクタゴン(鷹取特別①着)はホーJと、みんな関西か海外。大丈夫なのかなぁ?

逆に、前走を4馬身差で勝った三浦Jのバレルゾーン(3歳以上1勝ク①着)なんかは人気の盲点になりそうだよねぇ♪

穴ファクター3【出走間隔別成績】

出走間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中1週 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
中2週 3- 3- 3- 21/ 30 10.0% 20.0% 30.0%
中3週 2- 2- 3- 17/ 24 8.3% 16.7% 29.2%
中4~8週 4- 3- 3- 54/ 64 6.3% 10.9% 15.6%
中9~24週 1- 2- 1- 18/ 22 4.5% 13.6% 18.2%
半年以上 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
POINT

【傾向明白】中2~3週組の馬券圏内率に注目せよ

中2週から中8週くらいまではそれなりに勝っているイメージだけど、馬券圏内率(複勝率)でみると中2週組が30.0%、中3週組が29.2%と際立っているよ。

とくに馬券圏内率が最も高い中2週組は、過去10年で何も考えずにベタ買いしても、単勝回収率247%&複勝回収率101%と余裕のプラス収支なんだ。

今年は中2週組で、ハピ(ジャパンダートD④着)、バレルゾーン(3歳以上1勝ク①着)、ホウオウルーレット(いわき特別①着)が該当するよ!

暴露王の注目好調教馬!
▼【追い切り特選】▼

ハピ  (栗東・大久龍厩舎)
穴指数★☆☆☆☆
栗東・坂路(良) 52.6-37.9-24.2-11.9馬なり

これまでが中7~中9週の間隔。JDDの激闘から中2週となる今回は気配重視とみていたが、先々週の日曜から乗り出して先週、今週としっかり併せ馬を2本。とりわけこの日は古馬3勝級を相手に馬なりのまま追走→先着と、ひとまず反動云々を感じさせないのは何より。今回も自身の力は出せるデキにある。

暴露王はどう見る?
▼レパードステークス 2022の注目馬▼

注目馬1:ホウオウルーレット

前走:いわき特別(2勝ク) 1番人気・1着
穴指数:★☆☆☆☆


伏竜Sで気の悪さを出して大敗した頃は「スシトレイン(デビューからの2戦だけ圧勝した超早熟馬)と同じじゃないか」なんて声もあったけど、前走の勝ちっぷりをみるとやっぱり能力は非凡だよね。

穴ファクター2【関西ジョッキーは過去10年で2勝止まり】に該当するのは気になるけど、穴ファクター3【中2週組は全部買うだけでプラス収支】にも当てはまるからねぇ。素直に今回はどこまでヤレるのか見守りたいよね。

注目馬2:バレルゾーン

前走:3歳以上1勝クラス 8番人気・1着
穴指数:★★★★☆


いかにも人気がなさそうだけど、7ヶ月の休養を挟んで立て直してからは馬にも芯が入った印象。前走なんて稽古の段階から格上のオープン古馬に食い下がってたしね。

千七だった前走の勝ちっぷりからして距離も問題なさそうだし、穴ファクター2【関東ジョッキーは過去10年で8勝】、穴ファクター3【中2週組は全部買うだけでプラス収支】の両方に当てはまる貴重な1頭。軽視は禁物だよ!

これらの馬は要チェックだね。
でも、実はレパードステークスには・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

レパードステークス (G3)

無料で入手する