【七夕賞 2022】過去データで発覚!馬券の中心は断然※歳組! 出走・枠順・予想

現役記者が教える1頭・穴馬プラスワン

七夕賞(G3)

しあわせ万馬券【暴露王】が誇る現役記者は、20年【3連単】11万1330円の立役者

激走穴ブラヴァス(7人気→2着)
に匹敵する、爆穴激走馬の情報を独占入手済!

七夕賞(G3)

2022/7/10(日) 福島芝2000m
(国際)(特指) ハンデ

馬名年齢騎手前走
アンティシペイト牡5武藤福島民報杯(L)①着
ヴァンケドミンゴ牡6津村関門橋S(OP)④着
エヴァーガーデン牝5松岡福島牝馬S⑪着
エヒト牡5田中勝京都記念⑦着
ショウナンバルディ牡6菅原明鳴尾記念⑦着
シークレットラン牡6柴田善札幌日経OP(L)⑧着
トーラスジェミニ牡6エプソムC⑪着
ヒュミドールセン6Mデムーロ大阪杯⑮着
ヒートオンビート牡5池添天皇賞春④着
フォルコメンセン6石橋脩ダービー卿CT②着
プリマヴィスタ牡5内田博目黒記念⑧着
マウントゴールド牡9永野新潟大賞典⑬着
モズナガレボシ牡5戸崎目黒記念⑯着
ヤマニンデンファレ牝4江田照スピカS(3勝ク)④着
レッドジェネシス牡4三浦大阪杯⑬着
ロザムール牝6丸田福島牝馬S⑯着
1シークレットラン54.0kg柴田善
2ロザムール53.0kg丸 田
3ヒュミドール56.0kgMデムーロ
4エヴァーガーデン52.0kg松 岡
5マウントゴールド57.0kg永 野
6ヒートオンビート57.0kg池 添
7レッドジェネシス56.5kg三 浦
8フォルコメン55.0kg石橋 脩
9ショウナンバルディ57.0kg菅原明
10ヤマニンデンファレ50.0kg江田照
11アンティシペイト56.5kg武 藤
12モズナガレボシ55.0kg戸 崎
13プリマヴィスタ53.0kg内田博
14トーラスジェミニ57.5kg
15ヴァンケドミンゴ56.0kg津 村
16エヒト54.0kg田中勝

七夕賞2022
有力馬情報

ヒートオンビート1人気予想

本当は宝塚記念の出走を見込んでおり、出走メンバーから漏れた際はパートナーの池添が悔しがったほどの馬。今回のメンバーでは明らかに実績上位だ。さすがにハンデは見込まれるだろうが、七夕賞は例年タフなレース展開になりがち。馬力の違いを存分に見せつけるにはもってこいだ。

過去成績
日付レース着順
22/05/01天皇賞春(G1)5人気④着
22/03/26日経賞(G2)2人気③着
22/01/05中山金杯(G3)1人気③着

モズナガレボシ2人気予想

前走の目黒記念⑯着に目を奪われがちだが、これは距離が長かったのに加え、速い上がりが求められる東京が不向きだっただけ。ローカルこそがこの馬の強味を発揮できる舞台なのは、これまでの戦績を見れば一目瞭然。昨年制覇した小倉記念ではなく、あえて七夕賞に駒を進めてくるあたりにも陣営の自信がうかがえる。

過去成績
日付レース着順
22/05/29目黒記念(G2)14人気⑯着
22/05/08新潟大賞典(G3)14人気④着
22/01/16日経新春杯(G2)8人気⑨着

アンティシペイト3人気予想

重賞で凡走続きだった頃によく指摘されたのが「ワンペースの競馬しかできない馬」。しかし、前走の福島民放杯ではハイペースの中、向こう正面からジワジワとマクって四角先頭に立ち、終わってみれば後続に5馬身差の大立ち回り。下馬評を一蹴してみせた。ベスト距離の2000mで今度こその重賞タイトルを狙う。

過去成績
日付レース着順
22/04/17福島民報杯(L)5人気①着
22/02/19ダイヤモンドS(G3)4人気⑪着
22/01/23AJCC(G2)8人気⑪着

ヒュミドール4人気予想

大阪杯こそいいところなしに終わったが、ローカル重賞では②着2回の実績。このうち福島記念は今回と同じ舞台でコース相性も確認済。デムーロとコンビを組んで三度目の正直に期待が懸かる。このメンバーなら互角の戦いが可能なはず。

過去成績
日付レース着順
22/04/03大阪杯(G1)14人気⑮着
22/02/27中山記念(G2)5人気⑥着
21/11/14福島記念(G3)6人気②着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

七夕賞2022
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3(※過去10年)

穴ファクター1【枠順別成績】
枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 1- 1-15/18 5.6% 11.1% 16.7%
2枠 3- 2- 0-13/18 16.7% 27.8% 27.8%
3枠 1- 1- 1-15/18 5.6% 11.1% 16.7%
4枠 2- 0- 3-13/18 11.1% 11.1% 27.8%
5枠 0- 2- 1-17/20 0.0% 10.0% 15.0%
6枠 3- 1- 3-13/20 15.0% 20.0% 35.0%
7枠 0- 1- 0-19/20 0.0% 5.0% 5.0%
8枠 0- 2- 1-17/20 0.0% 10.0% 15.0%
POINT

【6枠】6年連続で馬券の過去!神枠に注意

どの枠も満遍なく来ているけど、安定しているのは外より内かな。やっぱり小回りコース。しかも梅雨の時期で馬場が渋っているぶん、ロスなく前目で内を運んだ馬が有利になるパターンが多いんだ。

ただ、そんな中でも際立っているのが6枠。内外を見ながら動けるポジションだから有利なんだろうね。なんと15年から20年にかけて6年連続で馬券になっているよ。とくに15年は6枠(2人気)-6枠(8人気)決着。18年には単勝138倍の6枠(パワーポケット)が③着に入ってるし、人気薄でも無視はできないよね。


穴ファクター2【年齢別成績】
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 2- 2- 1- 11/ 16 12.5% 25.0% 31.3%
5歳 4- 3- 3- 34/ 44 9.1% 15.9% 22.7%
6歳 3- 4- 5- 37/ 49 6.1% 14.3% 24.5%
7歳 1- 0- 0- 23/ 24 4.2% 4.2% 4.2%
8歳 0- 1- 1- 11/ 13 0.0% 7.7% 15.4%
POINT

【少数精鋭?】4歳馬の安定感は見逃し厳禁!

夏のローカルハンデ重賞とあって、幅広い年齢層が出走するけれど、基本的には若い世代が馬券に直結する傾向。そこまでハンデを見込まれないこともあり、4歳の馬券圏内率(複勝率)は31.3%と際立っているね。

今年はヤマニンデンファレ(スピカS④着)、レッドジェネシス(大阪杯⑬着)の2頭が該当するよ。とくにレッドジェネシスはここで復調のきっかけを掴みたいよね。


穴ファクター3【前走クラス別成績】
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3勝クラス 0- 0- 2- 7/ 9 0.0% 0.0% 22.2%
OPEN特別 2- 3- 4- 25/ 34 5.9% 14.7% 26.5%
G3 6- 5- 2- 59/ 72 8.3% 15.3% 18.1%
G2 1- 1- 0- 23/ 25 4.0% 8.0% 8.0%
G1 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
POINT

【狙い目】頭はG3組、ヒモはOP特別組?斤量にも注目

勝っているのは前走G3組だけど、一番馬券になってるのは前走OP特別組なんだ(リステッドも含む)。手頃なハンデで激走するパターンが多いということだね。さらに54~55kgで出走する前走OP特別組に条件を絞り込めば、過去10年で馬券圏内率は32.3%、複勝回収率は223%とベタ買いでも大幅プラスだよ!

今年はシークレットラン(札幌日経OP⑧着)がズバリ54kgで該当。斤量を無視すれば、56.5kgのアンティシペイト(福島民報杯①着)と56kgのヴァンケドミンゴ(関門橋S④着)も当てはまるね!3頭とも七夕賞で注目する価値はあるよ!

暴露王の注目好調教馬!
追い切り特選

穴指数:★★☆☆☆
アンティシペイト
美浦・国枝厩舎

美浦・南W(稍重) 68.5-53.2-38.0-11.5⑧馬なり

助手が跨った1週前は内めを回っての好タイム。かつ格下に食い下がられたこともあって疑心暗鬼な点が残ったが、ジョッキー騎乗のこの日は威風堂々と大外に舵を切って同格のハヤヤッコを完全に子供扱い。6月9日から積み上げてきた追い切りもこれで計10本となり、まさに完璧といえる態勢が整っている。

七夕賞2022
暴露王の注目馬

穴指数:★☆☆☆☆
ヒートオンビート

前走:天皇賞春(G1)5番人気・④着

重賞こそ未勝利だけど、実績は抜けているよ!とくに2走前の日経賞は現役最強馬タイトルホルダーと0秒1差だからね。遠征も問題ないクチ。穴ファクター3のグラフでも前走GⅠ組の馬券圏内率は悪くないよ。あとは初の福島とハンデがどうなるかだよね。

穴指数:★★★☆☆
レッドジェネシス

前走:大阪杯(G1)12番人気・⑬着

穴ファクター2【4歳馬が馬券の中心】に該当するよ!デビューから4連勝したり菊花賞で1人気に支持されたりした頃が遠い昔のようだよね。

でも大阪杯はブリンカーのおかげで直線は集中して走れていたし、着順こそ残念だったけど、次に繋がる内容だったのも確か。侮れないよ!

暴露王子

これらの馬は要チェックだね。
でも、実は七夕賞には・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

勝つためにもっと必要なものがあるんだ

七夕賞(G3)

現役記者が教える1頭・穴馬プラスワンあなたの馬券に好配当を引き出す1頭をプラス無料で入手する