【宝塚記念 2022】エフフォーリアは大丈夫?過去10年データから発覚 出走・枠順・予想

現役記者が教える1頭・穴馬プラスワン

宝塚記念(G1)

しあわせ万馬券【暴露王】が誇る現役記者は、21年3連単【1万3340円】の立役者

激走穴:ユニコーンライオン(7人気②着)
に匹敵する、爆穴激走馬の情報を独占入手済!

宝塚記念(G1)

2022/6/26(日) 阪神芝2200m
3歳以上オープン (国際) (指定)(定量)

馬名年齢騎手前走
アイアンバローズ牡5石橋脩天皇賞春⑤着
アフリカンゴールドセン7国分恭大阪杯⑦着
アリーヴォ牡4武豊大阪杯③着
ウインマリリン牝5松岡大阪杯⑯着
エフフォーリア牡4横山武大阪杯⑨着
オーソリティ牡5ルメールドバイSC③着
ギベオン牡7西村淳鳴尾記念④着
キングオブコージ牡6横山典大阪杯⑪着
グロリアムンディ牡4福永アンタレスS②着
ステイフーリッシュ牡7坂井瑠ドバイGC①着
タイトルホルダー牡4横山和天皇賞春①着
デアリングタクト牝5松山Vマイル⑥着
ディープボンド牡5和田竜天皇賞春②着
パンサラッサ牡5吉田豊ドバイT①着
ヒシイグアス牡6レーン大阪杯④着
ポタジェ牡5吉田隼大阪杯①着
マイネルファンロン牡7Mデムーロ天皇賞春⑥着
メロディーレーン牝6団野天皇賞春⑨着
1オーソリティ58.0kgルメール
2アフリカンゴールド58.0kg国分恭
3メロディーレーン56.0kg団 野
4エフフォーリア58.0kg横山武
5アイアンバローズ58.0kg石橋脩
6タイトルホルダー58.0kg横山和
7デアリングタクト56.0kg松 山
8ステイフーリッシュ58.0kg坂井瑠
9マイネルファンロン58.0kgMデムーロ
10ヒシイグアス58.0kgレーン
11パンサラッサ58.0kg吉田豊
12ウインマリリン56.0kg松 岡
13アリーヴォ58.0kg武 豊
14キングオブコージ58.0kg横山典
15ディープボンド58.0kg和田竜
16グロリアムンディ58.0kg福 永
17ギベオン58.0kg西村淳
18ポタジェ58.0kg吉田隼

宝塚記念2022
有力馬情報

エフフォーリア1人気予想

ダービーこそハナ差②着で涙を吞んだものの、3歳にして天皇賞秋と有馬記念を制した文句なしの年度代表馬。それだけに大阪杯はブッツケで臨んだとはいえ、“エピファタイマー”を象徴するかのような不甲斐ない結果だった。雪辱を果たすべく、今回は中間からモリモリ稽古を積んで渾身仕上げ。春秋グランプリ制覇を成し遂げる準備は整っている。

過去成績
日付レース着順
22/04/22大阪杯(G1)1人気⑨着
21/12/26有馬記念(G1)1人気①着
21/10/31天皇賞秋(G1)3人気①着

タイトルホルダー2人気予想

種牡馬価値を上げるためにも中距離GⅠタイトルは必須だが、ハナを切れないと脆いのはタマに瑕。とはいえ、同世代のエフフォーリアとは対極的に古馬になって一挙に本格化。スピードとスタミナを兼ね備えた強い馬に逃げられると、後続は手も足もでないということを証明する存在だ。

過去成績
日付レース着順
22/05/01天皇賞春(G1)2人気①着
22/03/26日経賞(G2)1人気①着
21/12/26有馬記念(G1)4人気⑤着

ディープボンド3人気予想

キレるタイプではないが、ロンシャンの深い芝でも通用する、底なしのスタミナは現役屈指。昨年春から国内では5戦してすべて連対と、安定感も馬券ファンにとっては有難い限り。2200mは京都新聞杯で制しているだけに、ファイター和田竜を背に、ここで何としてでもGⅠタイトルを獲っておきたいところ。

過去成績
日付レース着順
22/05/01天皇賞春(G1)1人気②着
22/03/20阪神大賞典(G2)1人気①着
21/12/26有馬記念(G1)5人気②着

デアリングタクト4人気予想

無敗で牝馬三冠を達成。同じ年の三冠馬コントレイルと渡り合い、アーモンドアイと0秒2差だったジャパンCはもはや伝説。復帰初戦となったヴィクトリアМは着順こそ案外だが、前残りレースだったことを思えば、この馬が使った33秒台の脚も十分評価に値する。鍵は折り合い。前走のマイルから一気の3F距離延長がどう出るか。

過去成績
日付レース着順
22/05/14ヴィクトリアM(G1)5人気⑥着
21/04/25QE2世C(海外G1)1人気③着
21/03/14金鯱賞(G2)1人気②着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

宝塚記念2022
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3(※過去10年)

穴ファクター1【枠順別成績】
枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 2- 3-10/15 0.0% 13.3% 33.3%
2枠 1- 1- 2-11/15 6.7% 13.3% 26.7%
3枠 0- 1- 1-13/15 0.0% 6.7% 13.3%
4枠 0- 2- 0-14/16 0.0% 12.5% 12.5%
5枠 1- 2- 0-15/18 5.6% 16.7% 16.7%
6枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0%
7枠 0- 2- 1-18/21 0.0% 9.5% 14.3%
8枠 7- 0- 2-13/22 31.8% 31.8% 40.9%
POINT

【ジンクス続く?】8枠は激ウマだが今年も傾向は違うかも

世間の馬券ファンの間でも有名だけど、過去10年のデータ上では毎年のように8枠が馬券になっているよ!ただ、このデータを鵜呑みすると去年のように前々決着に涙を呑むことになる可能性が――。というのも、宝塚記念の通常開催は4週8日の最終日。一方、昨年と今年は京都改修によるスケジュールの変更で2週しか開催がないし、例年の梅雨の影響をモロに受けたクソ重た~い馬場とは状態がまるで違うんだよね。

それにデータをよく見ると、内枠(1枠&2枠)の馬券圏内率(複勝率)は8枠に次ぐ高数値。本来のコース形態からして内回りだから、実は内でセコく立ち回った馬が穴をあけるケースも多いんだよね。

実際に昨年も8枠の2頭は馬券にならなかったし、今年も馬場がそこまで荒れなさそうな予感…。ということで「8枠伝説」を盲信するのは極めて危険だね!序盤からインにもぐりこめそうな馬以外は軽視するに限るね


穴ファクター2【牡牝別成績】
牡牝 着別度数 勝率 連対率 複勝率
牡・セン 6- 9- 5- 98/118 5.1% 12.7% 16.9%
4- 1- 5- 14/ 24 16.7% 20.8% 41.7%
POINT

【安定】積極的に牝馬を狙っていくべし!

牝馬は過去10年で馬券圏内率41.7%と、ほぼ2頭に1頭が馬券になっているんだ。昨年もクロノジェネシス(①着)、レイパパレ(③着)、カレンブーケドール(④着)と牝馬が掲示板上位を占めたよ!

今年はウインマリリン(大阪杯⑯着)にデアリングタクト(ヴィクトリアМ⑥着)、メロディーレーン(天皇賞春⑨着)と取捨選択に少し困りそうな3頭が該当(笑)。牝馬優位の波は続くのかな?


穴ファクター3【前走レース別成績】
前走 着別度数 勝率 連対率 複勝率
天皇賞春 4- 3- 2-30/39 10.3% 17.9% 23.1%
大阪杯 2- 1- 1-10/14 14.3% 21.4% 28.6%
鳴尾記念 1- 3- 1-15/20 5.0% 20.0% 25.0%
ドバイSC 1- 1- 2- 6/10 10.0% 20.0% 40.0%
QE2世C 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
目黒記念 1- 0- 1-13/15 6.7% 6.7% 13.3%
Vマイル 0- 0- 3- 5/ 8 0.0% 0.0% 37.5%
安田記念 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
POINT

【要注意】前走・天皇賞春で惨敗組の巻き返しに注目!

前走・天皇賞春組が過去4勝と安定しているよ!しかもこの4勝はいずれも④着以下だった馬の巻き返しなんだ。実際、2年前の宝塚記念で6人気②着のキセキは前走の天皇賞春で⑥着、さらに12人気③着と激走したモズベッロも、やはり前走の天皇賞春で⑦着だったよ。

今年はヒートオンビート(天皇賞春④着)にアイアンバローズ(天皇賞春⑤着)、マイネルファンロン(天皇賞春⑥着)、メロディーレーン(天皇賞春⑨着)が該当するね!

暴露王の注目好調教馬!
追い切り特選

穴指数:★★★☆☆
ウインマリリン
美浦・手塚厩舎

栗東・CW(不良) 84.7-69.3-54.2-38.9-11.6④馬なり

エリザベス女王杯④着、天皇賞・春⑤着がある反面、それ以外の3戦は⑮⑯⑯着と見るも無残な負けっぷり。大雑把にいうと関西遠征にあまりいいイメージはないが、今回は初めて栗東に先乗りして挑むのがミソ。1週前に松岡Jが乗った美浦ウッドの動きも絶品で、策が実れば間違いなく一発あっていいデキにある。

宝塚記念2022
暴露王の注目馬

穴指数:★☆☆☆☆
エフフォーリア

前走:大阪杯(G1)1番人気・⑨着

直線で全く反応しなかった大阪杯の凡走は、外厩仕上げが裏目に出たとか、スタート時にゲートに突進したとか色々な噂が流れているよね。

でも3歳時の活躍を考えたら、こんな成績で終わる馬ではないはず。大阪杯組は過去10年で2勝だけど、連対率や馬券圏内率は悪くないからね。ここで復活しないとヤバいよ!

穴指数:★★☆☆☆
デアリングタクト

前走:ヴィクトリアM(G1)5番人気・⑥着

前走の内容は久々を考えれば悪くなかったよ。でも3歳時の時のように超一線級と再び渡り合えるまでに復調しているかは分からないよね。

何より穴ファクター3のグラフでも確認できるように、前走・ヴィクトリアМ組は地味に過去0勝。データ的には来てもヒモまでなのかなぁ?

暴露王子

これらの馬は要チェックだね。
でも、実は宝塚記念には・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

勝つためにもっと必要なものがあるんだ

宝塚記念(G1)

現役記者が教える1頭・穴馬プラスワンあなたの馬券に好配当を引き出す1頭をプラス無料で入手する