【ヴィクトリアマイル 2022】レイパパレだけじゃない!過去10年データで激走馬判明 出走・枠順・予想

現役記者が教える1頭・穴馬プラスワン

ヴィクトリアマイル(G1)

しあわせ万馬券【暴露王】が誇る現役記者は、19年3連単【17万5040円】的中の立役者

激走◎:ノームコア(5人気・単勝9.4倍→1着完勝)
に匹敵する、爆穴激走馬の情報を独占入手済!

ヴィクトリアマイル(G1)

2022/5/15(日) 東京芝1600m
4歳以上オープン  (国際) 牝(指)(定量)

馬名年齢騎手前走
アカイイト牝5大阪杯⑩着
アブレイズ牝5菅原明福島牝馬S⑨着
アンドヴァラナウト牝4福永阪神牝馬S②着
クリノプレミアム牝5松岡福島牝馬S②着
シャインガーネット牝5田辺高松宮記念⑦着
シャドウディーヴァ牝6坂井瑠金鯱賞⑫着
ソダシ牝4吉田隼フェブラリーS③着
ソングライン牝4池添サウジTS①着
デアリングタクト牝5松山QE2世C③着
ディヴィーナ牝4武豊豊橋S(3勝ク)①着
デゼル牝5藤岡康阪神牝馬S③着
テルツェット牝5レーン中山牝馬S⑤着
ファインルージュ牝4ルメール東京新聞杯②着
マジックキャッスル牝5戸崎阪神牝馬S⑤着
ミスニューヨーク牝5Mデムーロ中山牝馬S③着
メイショウミモザ牝5鮫島駿阪神牝馬S①着
レイパパレ牝5川田大阪杯②着
レシステンシア牝5横山武高松宮記念⑥着
ローザノワール牝6田中勝中山牝馬S⑨着
1デアリングタクト55.0kg松 山
2ソングライン55.0kg池 添
3メイショウミモザ55.0kg鮫島駿
4マジックキャッスル55.0kg戸 崎
5ソダシ55.0kg吉田隼
6ディヴィーナ55.0kg武 豊
7レシステンシア55.0kg横山武
8クリノプレミアム55.0kg松 岡
9アブレイズ55.0kg菅原明
10ローザノワール55.0kg田中勝
11ファインルージュ55.0kgルメール
12ミスニューヨーク55.0kgMデムーロ
13レイパパレ55.0kg川 田
14アカイイト55.0kg
15アンドヴァラナウト55.0kg福 永
16デゼル55.0kg藤岡康
17シャドウディーヴァ55.0kg坂井瑠
18テルツェット55.0kgレーン

ヴィクトリアマイル2022
有力馬情報

レイパパレ1人気予想

バランスを欠いた時期もあったが、金鯱賞に続いて大阪杯でも②着とようやく復調。間隔を開けずにレースに使えていることも成長気配をうかがわせる。ディープ産駒得意のGⅠで女王の復権なるか。

過去成績
日付レース着順
22/04/03大阪杯(G1)3人気②着
22/03/13金鯱賞(G2)2人気②着
21/12/12香港C(海外G1)2人気⑥着

デアリングタクト2人気予想

右前脚の故障に泣いたのが一年前。陣営が現役続行の判断を下したのは、無敗で牝馬三冠を成しコントレイルに食い下がった、高い能力を買ってこそ。現に1週前の稽古ではラスト11秒2とシャープな脚捌きを披露。ここまで8戦、馬券外に飛んだことは一度もなし。

過去成績
日付レース着順
21/04/25QE2世C(G1)1人気③着
21/03/14金鯱賞(G2)1人気②着
20/11/29ジャパンC(G1)3人気③着

ソングライン3人気予想

管理する池添学師が「成長が完成の域にある」と目を細めるだけあって、前走のサウジでは、出負けしながらも地元馬相手に痺れる差し切り勝ち。海外でもこの調子なのだから、GⅠを含め4戦すべてで連対(2-2-0-0/4)と、抜群の相性を誇る東京マイルは楽しみしかない。

過去成績
日付レース着順
22/02/26ターフスプリント(海外G3)2人気①着
21/12/25阪神C(G2)1人気⑮着
21/10/23富士S(G3)1人気①着

ソダシ4人気予想

競馬の神に寵愛されし金子オーナーが自家生産で手掛けた白毛の最高傑作。重馬場で③着となったフェブラリーSを見ると、ダートよりも芝向きなのは明らか。大きいトビはいかにも大箱向き。馬場が多少渋っても苦にしないのも強みだ。

過去成績
日付レース着順
22/02/20フェブラリーS(G1)4人気③着
21/12/05チャンピオンズC(G1)2人気⑫着
21/10/17秋華賞(G1)1人気⑩着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

ヴィクトリアマイル2022
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3(※過去10年)

穴ファクター1【枠順別成績】
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 0- 4-17/21 0.0% 0.0% 19.0%
2枠 2- 1- 2-16/21 9.5% 14.3% 23.8%
3枠 4- 0- 1-16/21 19.0% 19.0% 23.8%
4枠 0- 3- 0-17/20 0.0% 15.0% 15.0%
5枠 0- 3- 1-17/21 0.0% 14.3% 19.0%
6枠 3- 0- 0-19/22 13.6% 13.6% 13.6%
7枠 2- 1- 1-27/31 6.5% 9.7% 12.9%
8枠 0- 3- 2-27/32 0.0% 9.4% 15.6%
POINT

【結論】狙いは2~3枠!前でポジションを取れるならベスト

過去10年で2枠&3枠が6勝。馬券圏内率(複勝率)も安定しているね!馬券の中心はこの両枠で良さそう。

一方で気になるのが、勝率も連対率も0%と不甲斐ない1枠。一般論で言えば、仮柵を移動してBコース替わりになる週。だから内有利になりそうだし、2枠&3枠も好走しているんだけど、内を意識しすぎるせいで逆に馬込みに閉じ込められてしまうケースも少なくないんだろうね。

それでも高速馬場で前有利の傾向は確か。基本的には毎年前が止まりにくいから、すんなり行けそうな馬を押さえておこう!


穴ファクター2【騎手別成績】
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
◆同騎手 8- 5- 5- 92/110 7.3% 11.8% 16.4%
◆乗替り 2- 5- 5- 55/ 67 3.0% 10.4% 17.9%
POINT

【明暗ハッキリ】続投が圧倒!乗替組が勝つのは難しい?

馬券圏内率こそ変わらないけど、勝利数は前走と同じ騎手(8勝)か、乗り替わり(2勝)かで全然違ってくるよ。やっぱり牝馬はムラ駆けすることも少なくないし、癖をよく知っている騎手が結果を出すのは当たり前なんだ。少なくとも頭で買うのは、前走と同じ騎手でコンビを組んでいる馬が良さそうだね。

今年の人気上位では、ソダシ(吉田隼:フェブラリーS③着)、デアリングタクト(松山:QE2世C③着)、レイパパレ(川田:大阪杯②着)などが続投組。一方でソングライン(サウジTS①着)はルメールから池添へスイッチするよ。

そうそう、ヴィクトリアマイルの騎手買いで外せないのがルメール。過去10年で3勝しているだけでなく、連対率は驚異の50%(3-1-0-4/8)なんだ。今回コンビを組むファインルージュ(東京新聞杯②着)はどうなるかな?


穴ファクター3【前走レース別成績】
前走 着別度数 勝率 連対率 複勝率
阪神牝馬S 4- 4- 5-60/73 5.5% 11.0% 17.8%
中山牝馬S 2- 2- 0- 8/12 16.7% 33.3% 33.3%
大阪杯 2- 1- 1- 3/ 7 28.5% 42.8% 51.7%
高松宮記念 1- 0- 2-16/19 5.3% 5.3% 15.8%
有馬記念 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
福島牝馬S 0- 1- 2-22/25 0.0% 4.0% 12.0%
ダービー卿CT 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
京都牝馬S 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
POINT

【取捨選択】地雷レースとお宝レースを見分けるべし!

勝利数でいえば、前走・阪神牝馬S組が4勝と良成績。でも馬券圏内率で目立つ=馬券へ積極的に組み込みたいのは、大阪杯や中山牝馬S組だね。今年はアカイイト(大阪杯⑩着)とテルツェット(中山牝馬S⑤着)、ミスニューヨーク(中山牝馬S③着)、レイパパレ(大阪杯②着)、ローザノワール(中山牝馬S⑨着)の5頭が該当するよ。

一方で地味に危険なのが前走・福島牝馬S組。なんと過去10年で1勝もしておらず、連対率もわずか4.0%と激シブ。クリノプレミアム(福島牝馬S②着)やアブレイズ(福島牝馬S⑨着)は大丈夫かなぁ?

暴露王の注目好調教馬!
追い切り特選

穴指数:★★★★☆
クリノプレミアム
美浦・伊藤伸厩舎

美浦・南W(良) 67.2-52.2-37.1-11.3⑥馬なり

11月に復帰して月1走ずつ。今年もう5戦目となるあたりはいかにも地味厩舎の『クリノ』らしいが、もともとが使って使って地力を蓄えてきた叩き上げ。中間も目下の勢いと本来のタフネスぶりそのまま、元気一杯に稽古をこなしているのが何より。以前に比べて馬体の充実も顕著で、まさに今が旬といった趣。

ヴィクトリアマイル2022
暴露王の注目馬

穴指数:★☆☆☆☆
レイパパレ

前走:大阪杯(G1)3番人気・②着

中距離に散々こだわってきたけど、ようやく持ち味が最大限に生かせそうなマイルで走れるからねえ。しかも今回は穴ファクター2【前走からのジョッキー続投は強い】、穴ファクター3【前走・大阪杯組の馬券圏内率は高い】の2つに該当。無様な負けは許されないよ。

穴指数:★★★★☆
ミスニューヨーク

前走:中山牝馬S(G3)1番人気・③着

デアリングタクトが三冠を達成した秋華賞では、単勝197倍の大穴ながら⑤着のと大激走した馬。前走の中山牝馬Sは1人気③着に敗れたけど、穴ファクター3【中山牝馬S組の実績が安定】に当てはまるのは見逃せないよ。豪華なメンバーが揃ったけど、穴ファクター2【前走からのジョッキー続投は強い】のとおりデムーロが手の内に入れてくれているし、十分に好走するだけの能力はあると思うんだ。

暴露王子

これらの馬は要チェックだね。
でも、実はヴィクトリアマイルには・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

勝つためにもっと必要なものがあるんだ

ヴィクトリアマイル(G1)

現役記者が教える1頭・穴馬プラスワンあなたの馬券に好配当を引き出す1頭をプラス無料で入手する