【皐月賞 2021】共同通信杯組の視界良好!ダノンは地雷? 出走・枠順・予想



皐月賞(G1)

2021/4/11(日) 中山芝2000m
3歳オープン (国際) 牡・牝(指)(定量)

皐月賞 2021
出走予定メンバー(4/15時点)

馬名 年齢 騎手 前走
アサマノイタズラ牡3嶋田スプリングS2着
アドマイヤハダル牡3ルメール若葉S(L)1着
イルーシヴパンサー牡3大野スプリングS4着
【人気】ヴィクティファルス牡3池添スプリングS1着
【人気】エフフォーリア牡3横山武共同通信杯1着
【人気】グラティアス牡3Mデムーロ京成杯1着
シュヴァリエローズ牡3三浦若葉S(L)2着
ステラヴェローチェ牡3吉田隼共同通信杯5着
タイトルホルダー牡3田辺弥生賞1着
【人気】ダノンザキッド牡3川田弥生賞3着
【人気】ディープモンスター牡3戸崎すみれS(L)1着
ヨーホーレイク牡3岩田望きさらぎ賞2着
ラーゴム牡3北村友きさらぎ賞1着
ルーパステソーロ牡3木幡巧3歳1勝クラス3着
レッドベルオーブ牡3福永朝日杯FS3着
ワールドリバイバル牡3菱田スプリングS6着

皐月賞 2021 枠順確定

1アドマイヤハダル57.0kgルメール
2ルーパステソーロ57.0kg木幡巧
3ステラヴェローチェ57.0kg吉田隼
4イルーシヴパンサー57.0kg大 野
5ヴィクティファルス57.0kg池 添
6ヨーホーレイク57.0kg岩田望
7エフフォーリア57.0kg横山武
8ダノンザキッド57.0kg川 田
9ラーゴム57.0kg北村友
10シュヴァリエローズ57.0kg三 浦
11ディープモンスター57.0kg戸 崎
12ワールドリバイバル57.0kg菱 田
13タイトルホルダー57.0kg田 辺
14アサマノイタズラ57.0kg嶋 田
15グラティアス57.0kgM.デムーロ
16レッドベルオーブ57.0kg福 永

皐月賞 2021 有力馬情報

エフフォーリア:1人気予想

今年も無敗馬が優勝争いの筆頭候補だ。しかも中身のない3戦3勝ではなく、前走の共同通信杯で退けたヴィクティファルスやシャフリヤールはその後重賞勝ち。昨年関東リーディングの横山武も「デビュー前からイイ感触を持っていた」と念願のクラシック獲りに意欲むき出し。

日付 レース 着順
21/02/14 共同通信杯(GⅢ) 4人気①着
20/11/08 百日草特別(L) 2人気①着
20/08/23 2歳新馬 1人気①着
ダノンザキッド:2人気予想

弥生賞では単勝1.3倍に支持されながら③着に敗れたが、上がり3Fはメンバー中最速。前半1000m62秒6のスローに涙を飲んだクチだが、意外にも鞍上の川田は「テンションが高くガス抜きのために前哨戦を使った。予定通り」と澄まし顔。なるほど、これは本番が怖い。

日付 レース 着順
21/03/07 弥生賞(GⅡ) 1人気③着
20/12/26 ホープフルS(GⅠ) 1人気①着
20/11/23 東スポ杯2歳S 1人気①着
グラティアス:3人気予想

天下のルメールが乗るか悩んだ1頭(※選んだオーソクレースは回避)。手綱を任されたのは松山だったが、今後は彼が騎乗停止。最終的に強運デムーロへお鉢が回ってきた。1週前追い切りで初めて乗ったものの「馬に幅が出た」と以前から熱視線を送っていたと強調。思えばデムーロは皐月賞4勝。勝ち方は熟知している。

日付 レース 着順
21/01/17 京成杯(GⅢ) 1人気①着
20/10/24 2歳新馬 1人気①着
ディープモンスター:4人気予想

実力未知数の“モンスター”が意欲の東上。一貫して2000m以上を使っており、デビュー前から陣営がクラシック参戦の青写真を入念に描いていたことが窺える。関係者も「ユタカさん(武豊)も能力の高さを絶賛していた」と色気たっぷりで、初重賞挑戦を全く意に介していない。

日付 レース 着順
21/02/28 すみれS(L) 1人気①着
20/01/17 梅花賞(1勝クラス) 1人気①着
20/12/12 エリカ賞(1勝クラス) 1人気②着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

皐月賞
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3
(※過去10年)

穴ファクター1【枠順別成績】

枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 0- 1-16/19 10.5% 10.5% 15.8%
2枠 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0%
3枠 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0%
4枠 2- 3- 1-14/20 10.0% 25.0% 30.0%
5枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 5.0% 15.0%
6枠 3- 0- 2-15/20 15.0% 15.0% 25.0%
7枠 1- 2- 0-25/28 3.6% 10.7% 10.7%
8枠 1- 1- 2-24/28 3.6% 7.1% 14.3%
POINT

【結論】真ん中の枠が安定!とくに4枠は“確変中”

中山内回りと言えば有馬記念に代表されるように「内枠不利・外枠有利」のイメージがあるけど、皐月賞はどの枠も馬券圏内率(複勝率)はほぼ横並び。

でも強いて言うなら枠の影響を受けにくい、真ん中の4枠&6枠。過去10年で馬券になった30頭(=毎年3頭×10年)のうち、ほぼ半分の14頭が4~6枠なんだ。とくに4枠は4年連続で馬券に絡んでいる絶好枠だよ。18年には4枠の7人気エポカドーロが勝って37万馬券が飛び出したし、この枠は穴馬でも軽視厳禁だよ!

ちなみに今年の4枠はエフフォーリア(共同通信杯①着)にダノンザキッド(弥生賞③着)と人気の2頭が入ったよ。持ってるなぁ~。

穴ファクター2【馬体重別成績】

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-19~-10kg 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
-9~ -4kg 3- 5- 3- 56/ 67 4.5% 11.9% 16.4%
-3~ +3kg 7- 4- 4- 61/ 76 9.2% 14.5% 19.7%
+4~ +9kg 0- 0- 3- 20/ 23 0.0% 0.0% 13.0%
+10~+19kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
POINT

【+4kg以上は危険】馬体増加組は軽視のチャンス

やっぱり一世一代のクラシック。馬体重の大幅増減は禁物で、とくに+4kg以上は連対率が過去10年で0%。「太め残りではなく成長分」なんて発言は言い訳扱いでOKってこと。

馬券になるのは大体が前走からほぼ増減なしで臨んでくるか、前走で太め残り→本番で絞ってくるパターン。とくに頭は-9kg~+3kgまでと覚えておこう!

グラティアス(京成杯①着)は前走+10kgだったから今回は絞れてくるはず。一方でディープモンスター(すみれS①着)は2歳新馬の時から前走までで-6kgの馬体重減。これ以上絞ってくるとは考えにくいし、大丈夫かなぁ?まずは最終追い切り後に注目だね。

穴ファクター3【前走レース別成績】

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
共同通信杯 4- 0- 2-10/16 25.0% 25.0% 37.5%
スプリングS 3- 1- 3-32/39 7.7% 10.3% 17.9%
ホープフルS 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
毎日杯 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0%
弥生賞 0- 5- 2-34/41 0.0% 12.2% 17.1%
若葉S 0- 2- 1-21/24 0.0% 8.3% 12.5%
きさらぎ賞 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
すみれS 0- 0- 0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
朝日杯FS 0- 1- 0-0/1 0.0% 100.0% 100.0%
POINT

【鉄板】頭は共同通信杯&スプリングS組で

皐月賞と同じ舞台の弥生賞が前哨戦の王道と騒がれたのも今は昔。過去10年では未勝利だよ。

一方で勝率、馬券圏内率ともに高いのが前走・共同通信杯組。共同通信杯とスプリングS組だけで7勝しているよ。

ただし、馬券になるのは共同通信杯で①~②着(4-0-1-6/11)、スプリングSも①~②着(3-1-3-11/18)まで。今年はエフフォーリア(共同通信杯①着)、ヴィクティファルス(スプリングS①着)、アサマノイタズラ(スプリングS②着)の3頭が該当。とくにアサマノイタズラは人気もなさそうだし、大駆けに警戒したい1頭だね!

暴露王の注目好調教馬!
▼【追い切り特選】▼

タイトルホルダー  (美浦・栗田厩舎)
穴指数★★★★☆
南W(稍重) 67.5-52.2-38.1-12.8⑤馬なり

もともと気が入りやすいタイプ。この中間もそのあたりに留意して馬なり主体の調整だが、先週、今週と新コンビを組む田辺Jが跨って絶好の動きを披露。前走時からクロス鼻革に替えたことで折り合い面も楽になっていて、そのぶんラストの反応もよりシャープに。ひとまず隙のない仕上げで態勢は申し分ない。

暴露王はどう見る?
▼皐月賞 2021の注目馬▼

注目馬1:エフフォーリア

前走:共同通信杯(G3) 4番人気・1着
穴指数:★☆☆☆☆


共同通信杯は4人気での勝利だったけど、倒した相手はいずれも重賞級。その前の2走も骨っぽい相手と戦って結果を出してきたし、実力どおりの力を出せれば大きく崩れることはなさそう。穴ファクター1【4枠は確変中】、穴ファクター3【前走・共同通信杯組の①~②着は買い】に該当するのも心強いね。

注目馬2:ディープモンスター

前走:すみれS(L) 1番人気・1着
穴指数:★★☆☆☆


一線級の相手と戦ってないし、どこまでヤレるのかが分からない不気味な存在だよね。でも穴ファクター2【前走から馬体重増パターンは注意】に引っかかりそうだし、穴ファクター3【すみれSは過去10年で馬券圏内率0%】(※上のグラフ参照)に当てはまるのは気になるところ。下手に人気するようなら警戒したいところだよねぇ。

これらの馬は要チェックだね。
でも、実は皐月賞には・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

皐月賞 (G1)

無料で入手する