【マイルチャンピオンシップ 2020】死角発見!まさかグランアレグリアとサリオスが…出走・枠順・予想



マイルチャンピオンシップ(G1)

2020/11/22(日) 阪神芝1600m
3歳以上オープン (国際)(指)(定量)

マイルチャンピオンシップ 2020
出走予定メンバー(11/20時点)

馬名 年齢 騎手 前走
アウィルアウェイ牝4藤岡康スプリンターズS3着
アドマイヤマーズ牡4川田スワンS3着
【人気】インディチャンプ牡5福永安田記念3着
ヴァンドギャルド牡4戸崎富士S1着
カツジ牡5池添スワンS1着
【人気】グランアレグリア牝4ルメールスプリンターズS1着
ケイアイノーテック牡5津村富士S3着
サウンドキアラ牝5松山スワンS10着
【人気】サリオス牡3Mデムーロ毎日王冠1着
スカーレットカラー牝5岩田康天皇賞秋9着
タイセイビジョン牡3石橋脩富士S5着
ブラックムーン牡8関屋記念17着
ベステンダンク牡8藤岡佑スワンS8着
ペルシアンナイト牡6大野富士S4着
メイケイダイハード牡5酒井学京成杯AH15着
ラウダシオン牡3武豊富士S2着
【人気】レシステンシア牝3北村友NHKマイルC2着

マイルチャンピオンシップ 2020 枠順確定

1ベステンダンク57.0kg藤岡佑
2レシステンシア54.0kg北村友
3ケイアイノーテック57.0kg津 村
4グランアレグリア55.0kgルメール
5メイケイダイハード57.0kg酒井学
6ラウダシオン56.0kg武 豊
7アドマイヤマーズ57.0kg川 田
8インディチャンプ57.0kg福 永
9カツジ57.0kg池 添
10ブラックムーン57.0kg
11スカーレットカラー55.0kg岩田康
12アウィルアウェイ55.0kg藤岡康
13タイセイビジョン56.0kg石橋脩
14サウンドキアラ55.0kg松 山
15ペルシアンナイト57.0kg大 野
16ヴァンドギャルド57.0kg戸 崎
17サリオス56.0kgM.デムーロ

マイルチャンピオンシップ 2020 有力馬情報

グランアレグリア:1人気予想

降着を除けばここまで6-1-1-0/8と全て馬券圏内。アーモンドアイとの使い分け(?)でヴィクトリアMを回避させられた鬱憤を晴らすかのように、安田記念では同馬に2馬身半差をつける完勝劇。さらに自在性のある脚質も持ち味で、前走のスプリンターズSでは届かないような位置から鬼脚で他馬をゴボウ抜き。間隔を詰めて挑んだNHKマイルで飛んだだけに、中6週の今回はそこが焦点。

日付 レース 着順
20/10/04 スプリンターズS(Gⅰ) 1人気①着
20/06/07 安田記念(GⅠ) 3人気①着
20/03/29 高松宮記念(GⅠ) 2人気②着
サリオス:2人気予想

コントレイルさえいなければ二冠はほぼ確実だった馬。スロー展開や道中で外を回ったことを考えると、ダービーは負けてなお強しの競馬だったことを裏付けるように、前走の毎日王冠では、圧倒的人気に応えてあっさりと古馬を一掃。相手が大幅強化される今回、真の実力が改めて拝めそうだ。

日付 レース 着順
20/10/11 毎日王冠(GⅡ) 1人気①着
20/05/31 ダービー(GⅠ) 2人気②着
20/04/19 皐月賞(GⅠ) 3人気②着
インディチャンプ:3人気予想

今年はグランアレグリアの影に隠れてしまったが、こちらも昨年の春秋マイルGⅠ覇者。とりわけ昨年のマイルCSでは余裕たっぷりの手応えで追い出しを待つほどの完勝劇。昨年は叩き台に毎日王冠を使ったのに対し、今年は安田記念からの直行となるのが気がかり。ノーザンFの外厩でどこまで仕上がっているかが鍵。

日付 レース 着順
20/06/07 安田記念(GⅠ) 2人気③着
20/04/26 読売マイラーズC(GⅡ) 1人気①着
20/03/01 中山記念(GⅡ) 4人気④着
レシステンシア:4人気予想

2歳女王がNHKマイルC以来の登場。桜花賞では1人気を背負いながらデアリングタクトの②着だったが、続くNHKマイルCでも牡馬相手に②着だったように、同世代ならマイル戦での強さはお墨付き。阪神芝1600mは桜花賞(②着)と阪神JF(①着)で経験済みなのもポイント。初古馬対戦となる今回が今後を占う上での試金石となりそう。

日付 レース 着順
20/05/10 NHKマイルC(GⅠ) 1人気②着
20/04/12 桜花賞(GⅠ) 1人気②着
20/03/07 チューリップ賞(GⅡ) 1人気③着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

マイルチャンピオンシップ
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3
(※過去10年)

穴ファクター1【枠順別成績】

枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 2- 0-16/20 10.0% 20.0% 20.0%
2枠 0- 1- 3-16/20 0.0% 5.0% 20.0%
3枠 3- 0- 1-16/20 15.0% 15.0% 20.0%
4枠 0- 4- 1-15/20 0.0% 20.0% 25.0%
5枠 0- 1- 0-19/20 0.0% 5.0% 5.0%
6枠 1- 1- 0-18/20 5.0% 10.0% 10.0%
7枠 1- 1- 4-22/28 3.6% 7.1% 21.4%
8枠 3- 0- 1-26/30 10.0% 10.0% 13.3%
POINT

【注意】阪神開催で今年は1枠有利、外枠不利へ?

今年は京都が改修工事のため、舞台が京都外回り1600mから阪神外回り1600mへと変更。だからこれまでは8枠が3勝してるからといって、今年も来るとは限らないよ!

実際に今回の舞台=阪神外回り1600mの過去3年データを調べると、1枠の勝率が11.5%なのに8枠は5.3%と半分以下に勝率が下がるんだ。外を回らされる馬はかなり厳しそうだね。8枠を引いたサリオス(毎日王冠①着)は大丈夫かな?逆に1枠のレシステンシア(NHKマイルC②着)は絶好枠だね!

ただし、ゴール前には高低差1.8mの急坂が待ち構えているからね。京都外回り芝1600mに比べて差しが届きやすいよ!

穴ファクター2【性別別成績】

性別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
牡・セン 10- 10- 8-121/149 6.7% 13.4% 18.8%
0- 0- 2- 27/ 29 0.0% 0.0% 6.9%
POINT

【驚愕】まさか!過去10年で牝馬の連対率0%!

みんな聞いて驚かないで!これまで牝馬の連対率は0%。過去29頭出走して、③着に入ったのはわずか2頭のみだよ。2018年に牝馬のアエロリットが2人気で⑫着へと惨敗したのは記憶に新しいよね。

今年はグランアレグリア(スプリンターズS①着)を筆頭に、レシステンシア(NHKマイルC②着)、アウィルアウェイ(スプリンターズS③着)、サウンドキアラ(スワンS⑩着)、スカーレットカラー(富士S⑤着)と牝馬が大挙してるよ!全部軽視できたら馬券をグッと絞れそうだよね~。

穴ファクター3【前走別成績】

前走 着別度数 勝率 連対率 複勝率
富士SG3 3- 4- 1-43/51 5.9% 13.7% 15.7%
毎日王冠G2 2- 0- 2-18/22 9.1% 9.1% 18.2%
スワンSG2 1- 4- 1-33/39 2.6% 12.8% 15.4%
天皇賞秋G1 1- 1- 2-12/16 6.3% 12.5% 25.0%
スプリンG1 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
京都大賞G2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
安田記念G1 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
府中牝馬G2 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
京成杯AHG3 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
POINT

前走GⅠ組が安定!スワンS組は地雷?

さすが前走・スプリンターズSや天皇賞秋、安田記念といったGⅠ組は馬券圏内率(複勝率)も高くて安定しているね!

今年はアウィルアウェイ(スプリンターズS③着)、インディチャンプ(安田記念③着)、グランアレグリア(スプリンターズS①着)、スカーレットカラー(天皇賞秋⑨着)、レシステンシア(NHKマイルC②着)の計5頭が該当するよ!

一方で前哨戦として有名&出走頭数が多い割に、勝率・馬券圏内率ともに低いのが前走・スワンS組。カツジ(スワンS①着)やアドマイヤマーズ(スワンS③着)は大丈夫かなぁ?

暴露王の注目好調教馬!
▼【追い切り特選】▼

カツジ  (栗東・池添兼厩舎)
穴指数★★★★☆
CW(良) 81.5-65.8-51.5-37.8-11.7⑨一杯

前走のレース後に「GⅠ馬並みの追い切りをしていたからこれぐらいはやれると思っていた」とサラッと言ってのけた岩田パパ。今回も追い切りはテン乗りとなる池添Jが跨って馬場の大外をハードに追われたが、引き揚げてくるなり「なるほどね」とニヤリ。どうやら前任者同様の手応えを感じ取ったようだ。

暴露王はどう見る?
▼マイルチャンピオンシップ 2020の注目馬▼

注目馬1:レシステンシア

前走:NHKマイルC(G1) 1番人気・2着
穴指数:★★☆☆☆


みんな覚えているかな?デアリングタクトが台頭する前はこの馬が現3歳牝馬世代トップ扱いだったよ。ノーザンFの外厩でしっかり乗り込まれているから久々も苦にしないだろうけど、やっぱり骨折明けは不安。能力が落ちるケースもあるからね。

あと今回は穴ファクター3【前走GⅠ組は買い】に該当するけど、穴ファクター2【牝馬の連対率は0%】にも当てはまるからね。人気が先行するようなら要注意だよ。

注目馬2:インディチャンプ

前走:安田記念(G1) 2番人気・3着
穴指数:★★☆☆☆


昨年のマイルチャンピオンシップ覇者だよ!5歳になった今年も衰え知らずで、安田記念もアーモンドアイと0秒1差の③着。スタートで若干失敗したのが尾を引いたかな?今回はぶっつけ本番になるけど、穴ファクター3【前走GⅠ組は買い】に当てはまるよ!スプリンターズSと香港マイルを回避しての参戦だから、陣営としても気合いが入っているはず。

これらの馬は要チェックだね。
でも、実はマイルチャンピオンシップには・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

マイルチャンピオンシップ (G1)

無料で入手する