【エリザベス女王杯 2020】過去10年のデータが通用しない!?ラッキーライラックは?出走・枠順・予想



エリザベス女王杯(G1)

2020/11/15(日) 阪神芝2200m
3歳以上オープン (国際) 牝(指)(定量)

エリザベス女王杯 2020
出走予定メンバー(11/13時点)

馬名 年齢 騎手 前走
ウインマイティー牝3和田竜秋華賞9着
ウインマリリン牝3横山武秋華賞15着
【人気】ウラヌスチャーム牝5斎藤新潟牝馬S1着
エスポワール牝4武豊新潟牝馬S2着
カーロバンビーナ牝5浜中新潟牝馬S5着
サトノガーネット牝5坂井瑠新潟記念4着
サムシングジャスト牝4松山府中牝馬S3着
【人気】サラキア牝5北村友府中牝馬S1着
シャドウディーヴァ牝4内田博府中牝馬S2着
【人気】センテリュオ牝5戸崎オールカマー1着
【人気】ソフトフルート牝3福永秋華賞3着
【人気】ノームコア牝5横山典札幌記念1着
ミスニューヨーク牝3長岡秋華賞5着
ラヴズオンリーユー牝4Mデムーロ府中牝馬S5着
【人気】ラッキーライラック牝5ルメール札幌記念3着
【人気】リアアメリア牝3川田秋華賞13着
リュヌルージュ牝5団野七夕賞8着
ロサグラウカ牝5新潟牝馬S7着

エリザベス女王杯 2020 枠順確定

1シャドウディーヴァ56.0kg内田博
2サムシングジャスト56.0kg松 山
3リュヌルージュ56.0kg団 野
4ソフトフルート54.0kg福 永
5リアアメリア54.0kg川 田
6ノームコア56.0kg横山典
7ロサグラウカ56.0kg
8センテリュオ56.0kg戸 崎
9ウインマイティー54.0kg和田竜
10カーロバンビーナ56.0kg浜 中
11ラヴズオンリーユー56.0kgM.デムーロ
12ウインマリリン54.0kg横山武
13サラキア56.0kg北村友
14サトノガーネット56.0kg坂井瑠
15ウラヌスチャーム56.0kg斎藤新
16ミスニューヨーク54.0kg加藤祥
17エスポワール56.0kg武 豊
18ラッキーライラック56.0kgルメール

エリザベス女王杯 2020 有力馬情報

ラッキーライラック:1人気予想

サリオスにとってのコントレイルが、ラッキーライラックにとってのアーモンドアイ。とはいえそんな“目の上のたんこぶ”とは別路線を歩んだことで、気づけば阪神JF&エリザベス女王杯&大阪杯とGⅠ3勝。さらには香港ヴァーズでも②着と海外でも結果を出しており、牡馬顔負けの実力は誰しも認めるところ。もっとも、札幌記念はいかに叩き台とはいえ不甲斐ない負け方。他馬が付け入るスキはあるはず。

日付 レース 着順
20/08/23 札幌記念(GⅡ) 1人気③着
20/06/28 宝塚記念(GⅠ) 3人気⑥着
20/04/05 大阪杯(GⅠ) 2人気①着
ノームコア:2人気予想

2番手筆頭はノームコア。18年に勝ったヴィクトリアMでは、本命◎として暴露王会員様に3連単【17万5050円】的中をお届けしたドル箱ホースでもある。富士S①着を筆頭に香港マイル④着&安田記念④着と牡馬の一線級とも渡り合える能力は持っているのも心強い。マイルを中心に使われてきたため、札幌記念は距離不安説も囁かれていたが、蓋を開けてみればラッキーライラックに0秒4差の完勝劇。あとは18年エリザベス女王杯(⑤着)以来の2200mがどうでるか。

日付 レース 着順
20/08/23 札幌記念(GⅡ) 2人気①着
20/06/07 安田記念(GⅠ) 7人気④着
20/05/17 ヴィクトリアM(GⅠ) 5人気③着
センテリュオ:3人気予想

前走のオールカマーで牡馬を一蹴。ハナ差で捉えきったカレンブーケドールは3歳牝馬ながらジャパンC②着の実力馬とくれば、今回のメンバーでもセンテリュオがヒケを取らないのは論を俟たない。昨年のエリザベス女王杯④着も含め、OP入りしてから7戦、掲示板を外したのは1度のみと相手なりに走る安定感も魅力。

日付 レース 着順
20/09/27 オールカマー(GⅡ) 5人気①着
20/06/14 マーメイドS(GⅢ) 2人気②着
20/03/08 大阪城S(L) 3人気⑤着
ラヴズオンリーユー:4人気予想

兄にリアルスティールを持ち、4戦4勝の無敗でオークスを制覇した良血馬。オークス以降は人気先行気味で勝ち星に恵まれていないが、昨年のエリザベス女王杯では3歳ながら③着と能力の高さを証明済。今回は稽古も動けているだけに、古馬になってからの成長力が問われる大事な一戦となる。

日付 レース 着順
20/10/17 府中牝馬S(GⅡ) 1人気⑤着
20/06/06 鳴尾記念(GⅢ) 1人気②着
20/05/17 ヴィクトリアM(GⅠ) 3人気⑦着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

エリザベス女王杯
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3
(※過去10年)

穴ファクター1【枠順別成績】

枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 1- 1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
2枠 2- 1- 1-16/20 10.0% 15.0% 20.0%
3枠 2- 2- 2-14/20 10.0% 20.0% 30.0%
4枠 0- 0- 3-17/20 0.0% 0.0% 15.0%
5枠 0- 3- 1-16/20 0.0% 15.0% 20.0%
6枠 2- 1- 1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
7枠 0- 0- 1-26/27 0.0% 0.0% 3.7%
8枠 2- 2- 0-24/28 7.1% 14.3% 14.3%
POINT

【注意】阪神開催で今年は8枠が例年以上に活躍!?

内外の有利不利はなさそうだけど、過去10年で内枠(1~3枠)の勝率が安定しているのはポイントだね。

でも今年一番注目したいのは8枠。過去10年で2勝②着2回とそれなりの存在感があるけど、今年は阪神2200m内回り。宝塚記念と同じコースだよ。その宝塚記念は過去5年で4回8枠が勝ってるんだ(16~17年、19~20年)。

今年はラッキーライラック(札幌記念③着)が見事8枠を引き当てたよ!持ってるなぁ~。

穴ファクター2【脚質別成績】

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
先行 1- 6- 2- 28/ 37 2.7% 18.9% 24.3%
差し 9- 2- 7- 58/ 76 11.8% 14.5% 23.7%
追込 0- 0- 1- 48/ 49 0.0% 0.0% 2.0%
POINT

【阪神】先行勢に注意!今年は差し・追込馬が危険!?

過去10年のデータでは差しが過去9勝と圧倒的有利だよ。でも今年のエリザベス女王杯は例年のように京都開催ではなく、阪神内回り2200mで行われるからね。

この阪神コースは3角から直線途中まで下り坂なぶん、前がそのままスピードに乗って止まらないパターンが多いんだ。それから直線も357mと京都コースに比べて短いから、追込馬は外を回ると絶望的かもね(汗)。

ラッキーライラック(札幌記念③着)は安定の先行策。同じ先行馬では不可解な負け方をしたウインマリリン(秋華賞⑮着)の巻き返しにも警戒したいね。

一方で後方からの競馬が得意なセンテリュオ(オールカマー①着)や出遅れ癖が気になるノームコア(札幌記念①着)は、展開次第では差し届かない…というパターンもあるから要注意だよ。

穴ファクター3【前走別成績】

前走 着別度数 勝率 連対率 複勝率
秋華賞G1 2- 3- 2-20/27 7.4% 18.5% 25.9%
府中牝馬G2 4- 4- 3-45/56 7.1% 14.3% 19.6%
オールカG2 2- 1- 0- 3/ 6 33.3% 50.0% 50.0%
海外G1 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
京都大賞G2 0- 1- 0-13/14 0.0% 7.1% 7.1%
府中牝馬G3 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
丹頂SH 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
POINT

【発見】秋華賞組は上位人気ならOK!オールカマーも注目

前走・秋華賞組と府中牝馬S組が安定して結果を残しているよ!ただ秋華賞組は上位人気であることが肝心。1~5人気だった場合は馬券圏内率が43.8%(1~3人気なら62.5%)だけど、6人気以下は馬券圏内率0%だよ!今年はソフトフルート(秋華賞③着)かリアアメリア(秋華賞⑬着)が上位人気になりそうだね。

それから注目なのが前走・オールカマー組で馬券圏内率は堂々の50%。出走頭数は少ないけど、2頭に1頭が必ず馬券になっている計算だよ。今年はセンテリュオ(オールカマー①着)が該当するね。

暴露王の注目好調教馬!
▼【追い切り特選】▼

サトノガーネット  (栗東・矢作厩舎)
穴指数★★★★☆
坂路(良) 52.8-38.5-24.8-12.2強め

1週前にCWで併せ馬をやって直前を坂路の単走でまとめるのはここ2戦と同じパターン。しかも今回は中9週とあって2週前の坂路でもしっかりと併せ馬をこなす熱の入れよう。毎週跨っている坂井瑠Jとの呼吸もピッタリで、この日のフィニッシュも抜群の鋭さ。攻め気配の良さなら僚馬に負けていない。

暴露王はどう見る?
▼エリザベス女王杯 2020の注目馬▼

注目馬1:ラッキーライラック

前走:札幌記念(G2) 1番人気・3着
穴指数:★☆☆☆☆


札幌記念で負けたとはいえ1人気濃厚だよね。穴ファクター2【今年は前に行く馬も有利】に該当するし、コース形態で言えば競馬はしやすいはず。

でもライバルの同期アーモンドアイも天皇賞秋では衰えが隠しきれなかったし、札幌記念の負けは単勝1倍台に支持された割には物足りない内容。意外とアッサリ…のシーンにも注意したいね。

注目馬2:リアアメリア

前走:秋華賞 2番人気・13着
穴指数:★★★☆☆


前走の秋華賞は2人気に推されたのに⑬着と惨敗したよ。川田Jが「極端に乾いた馬場じゃないと…」と敗戦の弁を口にしていたとおり、良馬場の瞬発力勝負じゃないとキツいのかもね。でも今回人気になるなら穴ファクター3【上位人気の前走・秋華賞組は注意】に該当し、名門・中内田厩舎&ノーザンFならではの巻き返しには警戒したいね。

これらの馬は要チェックだね。
でも、実はエリザベス女王杯には・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

エリザベス女王杯 (G1)

無料で入手する