【セントライト記念 2020】ダービー組のブッタ斬り方法を極秘公開!出走・枠順・予想



セントライト記念(G2)

2020/9/21(月) 中山芝2200m
3歳オープン (国際)(指)(馬齢)

セントライト記念 2020
出走予定メンバー(9/17時点)

馬名 年齢 騎手 前走
【人気】ヴァルコス牡3三浦ダービー14着
【人気】ガロアクリーク牡3川田ダービー6着
ココロノトウダイ牡3丸山猪苗代特別(2勝ク)1着
【人気】サトノフラッグ牡3戸崎ダービー11着
サペラヴィ牡3石橋脩猪苗代特別(2勝ク)5着
ダノンファスト牡3横山典天の川賞(2勝ク)1着
バビット牡3団野ラジオNIKKEI賞1着
ピースディオン牡3田辺 臥牛山特別(2勝ク)2着
【人気】フィリオアレグロ牡3Mデムーロ青葉賞3着
マイネルソラス牡3丹内利尻特別(1勝ク)1着
ラインハイト牡3北村友1勝クラス1着
リスペクト牡3ルメール開成山特別(1勝ク)1着

セントライト記念 2020 枠順確定

1ピースディオン56.0kg田辺 裕信
2ラインハイト56.0kg北村 友一
3マイネルソラス56.0kg丹内 祐次
4フィリオアレグロ56.0kgM.デムーロ
5ダノンファスト56.0kg横山 典弘
6バビット56.0kg内田 博幸
7ガロアクリーク56.0kg川田 将雅
8リスペクト56.0kgC.ルメール
9サトノフラッグ56.0kg戸崎 圭太
10ヴァルコス56.0kg三浦 皇成
11ココロノトウダイ56.0kg丸山 元気
12サペラヴィ56.0kg石橋 脩

セントライト記念 2020 有力馬情報

サトノフラッグ:1人気予想

3連勝で臨んだ皐月賞は2人気⑤着、ダービーは5人気⑪着と本番で結果が出ておらず。とはいえ、走りっぷりを世界の俊英マーフィーJも絶賛した器。世間からの高い人気は秘めた素質に対する期待の証でもある。戸崎Jがコンビを組むのはデビュー以来だが、落馬による長期離脱がなければ皐月賞&ダービーも本人が乗っていただけに、この馬に賭ける思いも特別だろう。

日付 レース 着順
20/05/31 ダービー 4人気⑪着
20/04/19 皐月賞 2人気⑤着
20/03/08 弥生賞 2人気①着
ガロアクリーク:2人気予想

スプリングSで圧倒的1人気だったヴェルトライゼンデをねじ伏せると、続く皐月賞でもコントレイル&サリオスに続く堂々の③着を確保。父が短距離で大暴れしたキンシャサノキセキ(高松宮記念連覇など)とあって3000mの菊花賞は距離が持つかどうかも、セントライト記念の2200mなら守備範囲。

日付 レース 着順
20/05/31 ダービー 7人気⑥着
20/04/19 皐月賞 8人気③着
20/03/22 スプリングS 6人気①着
フィリオアレグロ:3人気予想

兄に国内外GⅠ2勝のサトノクラウン。名門・堀厩舎の中でもデビュー前から「モノが違う」と評価の高かった素質馬。しかし、調教師本人が「最悪でも権利は獲る」と意気込んだ青葉賞では③着に留まり、ダービーへの切符を掴むに至らず。間隔を詰めて使えない体質からして、今回も仕上げは余裕を持たせてくるはずだが、ひと夏を越しての成長に期待。

日付 レース 着順
20/05/02 青葉賞 1人気③着
20/02/16 共同通信杯 2人気③着
19/10/19 2歳新馬 1人気①着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

セントライト記念
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3
(※過去10年)

穴ファクター1【前走別成績】

前走 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ダービーG1 7- 4- 3-17/31 22.6% 35.5% 45.2%
ラジオNIHG3 1- 1- 2-12/16 6.3% 12.5% 25.0%
1勝クラス 1- 0- 2-13/16 6.3% 6.3% 18.8%
阿賀野H(2勝ク) 0- 2- 1- 3/ 6 0.0% 33.3% 50.0%
いわき特(2勝ク) 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
POINT

【鉄板】近10年で7勝!馬券はダービー出走組が中心

セントライト記念は過去10年で前走・ダービー組が7勝してるよ!しかも複勝率(馬券圏内率)も45%と、ほぼ2頭に1頭は馬券になっている計算だね。今年はヴァルコス(ダービー⑭着)、ガロアクリーク(ダービー⑥着)、サトノフラッグ(ダービー⑪着)の3頭が該当するよ。

一方で前走・下級条件戦組はほとんど馬券になってない点に注意。とくに1勝クラスは過剰人気でぶっ飛ぶケースもしばしば。今年は2連勝中のラインハイト(1勝クラス①着)がそこそこ人気しそうだけど大丈夫かなあ?

穴ファクター2【ダービー着順別成績】

ダービー着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 0- 0- 0- 0/ 0 100.0% 100.0% 100.0%
2着 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
3着 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
4着 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
5着 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
6~9着 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
10着~ 4- 3- 2- 7/16 25.0% 43.8% 56.3%
POINT

【結論】ダービーの結果は無視!狙い目は大敗組

みんな安心して!セントライト記念は過去10年で前走・ダービー組が7勝しているんだけど、そのうち4勝がダービーで2桁着順の大敗組だったんだ。しかも複勝率は56.3%もあるよ!事実、昨年のセントライト記念も勝ったのは1人気リオンリオン(ダービー⑮着)、②着が8人気サトノルークス(ダービー⑰着)、2年前も勝ったのは4人気ジェネラーレウーノ(ダービー⑯着)、③着が6人気グレイル(ダービー⑭着)だったよ。

ちなみに今年はヴァルコス(ダービー⑭着)とサトノフラッグ(ダービー⑪着)が当てはまるよ。とくにヴァルコスは世間からの注目もサトノフラッグに比べて低そうだし、大駆けに要警戒だね。

穴ファクター3【枠順別成績】

枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 3- 2-10/15 0.0% 20.0% 33.3%
2枠 1- 0- 3-15/19 5.3% 5.3% 21.1%
3枠 2- 1- 0-16/19 10.5% 15.8% 15.8%
4枠 2- 1- 0-16/19 10.5% 15.8% 15.8%
5枠 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0%
6枠 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0%
7枠 2- 1- 3-17/23 8.7% 13.0% 26.1%
8枠 1- 2- 1-20/24 4.2% 12.5% 16.7%
POINT

【1枠】複勝率回収率143%!最内枠は安定して好走

1枠は過去10年で一度も勝っていないけど、複勝率が33%もあるよ。つまり3頭に1頭は馬券になっているってこと。どの枠も万遍なく馬券になっているけど、いかに外回りとはいえ、やっぱりクセのある中山。コーナーをうまく捌いて距離ロスしない内目の枠は比較的有利なんだよね。

そうそう、1枠の馬をベタ買いし続けると、過去10年で複勝回収率は143%になるんだ!今年はどの馬が1枠に入るのかなぁ?

暴露王の注目好調教馬!
▼【追い切り特選】▼

ココロノトウダイ  (美浦・高橋祥厩舎)
穴指数★★★★☆
南W(良) 67-7-52.2-38.6-11.8⑧強め

軽い骨折明けだった前走で力の違いを示し、改めて重賞路線へと返り咲いてきた厩舎の期待馬。この中間は格下相手ばかりだった前走時と違い、バリバリのオープン馬と3週連続の併せ馬。直前には先週劣勢だったフィエールマンと併入に持ち込むなど、さらにパワーアップした姿を披露。態勢は万全といえる。

暴露王はどう見る?
▼セントライト記念 2020の注目馬▼

注目馬1:サトノフラッグ

前走:ダービー(G1) 5番人気・11着
穴指数:★★☆☆☆


クラシック本番では結果が出てないけど、3連勝を決めた弥生賞では、ワーケアに乗ったルメールJに「勝った馬(サトノフラッグ)が強すぎた」とまで言わしめたほどだからね。世代上位なのは確かだよ。それに穴ファクター1【前走ダービー組が鉄板】、穴ファクター2【ダービ大敗組が狙い目】に当てはまるのもポイントだね!

注目馬2:フィリオアレグロ

前走:青葉賞(G2) 1番人気・3着
穴指数:★★★☆☆


サンデーレーシングで募集価格総額が1億2000万円(1口300万)と高額だったことからも分かる通り、デビュー前から期待されていた馬だよ。青葉賞からだいぶ間隔があくのは気になるけど、そこは休み明けに強い堀厩舎だから安心できそう。青葉賞はテン乗りのレーンが雑に乗りすぎたのは否めないし、今回デムーロに手戻りしてどうなるかだね。

これらの馬は要チェックだね。
でも、実はセントライト記念には・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

セントライト記念 (G2)

無料で入手する