【京成杯オータムハンデ 2020】連対0%!買ってはいけない枠がある!?出走・枠順・予想



京成杯オータムハンデ(G3)

2020/9/13(日) 中山芝1600m
3歳以上オープン (国際)(特指)(ハンデ)

京成杯オータムハンデ 2020
出走予定メンバー(9/6時点)

馬名 年齢 騎手 前走
アストラエンブレムセ7横山武関屋記念9着
アフランシール牝4津村新潟日報賞1着
アルーシャ牝5戸崎パラダイスS1着
【人気】アンドラステ牝4ルメール関屋記念3着
エントシャイデン牡5川須関屋記念6着
【人気】シゲルピンクダイヤ牝4和田竜ヴィクトリアM6着
ジャンダルム牡5藤井関屋記念11着
スイープセレリタス牝4丸山函館SS12着
ストーミーシー牡7田辺朱鷺2着
【人気】スマイルカナ牝3柴田大米子S1着
【人気】トロワゼトワル牝5横山典関屋記念2着
ボンセルヴィーソ牡6木幡巧パラダイスS10着
ミッキーブリランテ牡4岩田康関屋記念4着
メイケイダイハード牡5酒井学関屋記念12着
【人気】ラセット牡5秋山真中京記念2着
【人気】ルフトシュトローム牡3石橋脩NHKマイルC5着

京成杯オータムハンデ 2020 枠順確定

1ルフトシュトローム54.0kg石橋脩
2ボンセルヴィーソ55.0kg木幡巧
3アルーシャ55.0kg戸 崎
4ストーミーシー57.0kg田 辺
5アンドラステ53.0kgルメール
6スイープセレリタス52.0kg丸 山
7ジャンダルム56.0kg藤 井
8シゲルピンクダイヤ54.0kg和田竜
9アフランシール52.0kg津 村
10トロワゼトワル55.0kg横山典
11ラセット55.0kg秋山真
12エントシャイデン56.0kg大 野
13ミッキーブリランテ54.0kg坂井瑠
14アストラエンブレム57.0kg横山武
15メイケイダイハード55.0kg酒井学
16スマイルカナ52.0kg柴田大

京成杯オータムハンデ 2020 有力馬情報

ルフトシュトローム:1人気予想

デビューからニュージーランドTまで3連勝で臨んだ前走(NHKマイルC)は痛恨の出遅れ。さらに前残りの展開&直線で追い出しを待たされる不利もあり、後方から勢いよく追い込んでくるも⑤着が精一杯。とはいえ能力の高さは改めて見せており、マトモに競馬ができればここでは役者が違う可能性も。

日付 レース 着順
20/05/10 NHKマイルC 4人気⑤着
20/04/11 ニュージーランドT 2人気①着
20/03/07 1勝クラス 1人気①着
トロワゼトワル:2人気予想

2走前の中京記念はハイペースで飛ばして⑰着と惨敗したが、続く関屋記念では逃げ粘ってまんまと②着を確保。最後方からメンバーただ1頭33秒台の脚を使った勝ち馬(サトノアーサー)が強すぎただけで、普通なら逃げ切ってもおかしくなかった展開。三浦J曰く「現状は左回りのマイル向き」とのことで、昨年の勝ち馬とはいえ、右回りの中山ではたして。ちなみに今回コンビを組む横山典Jは過去10年で京成杯オータムハンデ3勝。

日付 レース 着順
20/08/16 関屋記念 8人気②着
20/07/19 中京記念 4人気⑰着
20/05/17 ヴィクトリアM 12人気④着
スマイルカナ:3人気予想

前走の米子Sではラセット(次走で中京記念②着)を完封。過去にはフェアリーS①着に桜花賞③着と、マイルなら高いパフォーマンスを発揮できるところを改めて証明した格好だ。ただし、トロワゼトワルもスマイルカナも逃げて持ち味を発揮するタイプ。控えたチューリップ賞では⑦着だったように脆さもある。ハナを切るのはどちらか。

日付 レース 着順
20/06/21 米子S 2人気①着
20/05/24 オークス 9人気⑯着
20/04/12 桜花賞 9人気③着
アンドラステ:4人気予想

初重賞挑戦となったエプソムCで④着、続く前走の関屋記念で③着と重賞でも安定して結果を出せているのは強み。最内で揉まれる競馬を経験したのもタフな中山で活きてきそうだ。岩田望JからルメールJへと鞍上強化で万全を期すあたりからも重賞初制覇にかける陣営の思いが伝わってくる。

日付 レース 着順
20/08/16 関屋記念 1人気③着
20/06/14 エプソムC 4人気④着
20/05/16 パールS(3勝クラス) 1人気①着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

京成杯オータムハンデ
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3
(※過去10年)

穴ファクター1【枠順別成績】

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 1-13/15 0.0% 6.7% 13.3%
2枠 2- 2- 1-12/17 11.8% 23.5% 29.4%
3枠 1- 0- 2-17/20 5.0% 5.0% 15.0%
4枠 0- 2- 0-18/20 0.0% 10.0% 10.0%
5枠 5- 1- 1-12/19 26.3% 31.6% 36.8%
6枠 2- 2- 2-14/20 10.0% 20.0% 30.0%
7枠 0- 0- 3-17/20 0.0% 0.0% 15.0%
8枠 0- 2- 0-18/20 0.0% 10.0% 10.0%
POINT

【まさかの0%】7&8枠は激シブ!軸は5&6枠を!

みんな聞いて驚かないで!7枠は過去10年で連対率0%、8枠は複勝率(馬券圏内率)が10%だよ。いかにも小回りの中山らしく、外々を回らされる外枠は不利な傾向がはっきりしているよね。前が止まりにくい中山の開幕週ということも関係していそう。ポジション獲りで外枠は不利だからね。

逆に注目したいのが5枠&6枠。この2つだけで過去10年で7勝してるんだ。過去5年に限っても4勝しているよ。2019年の18万馬券(5枠トロワゼトワル)も2015年の222万馬券(6枠フラアンジェリコ)も、この法則で獲れたかも?

今年は5枠にアフランシール(新潟日報賞①着)と昨年覇者のトロワゼトワル(関屋記念②着)、6枠にラセット(中京記念②着)とエントシャイデン(関屋記念⑥着)が入ったよ。しかもトロワゼトワルは昨年レコード勝ちしたときと同じ5枠10番だよ!

一方でスマイルカナ(米子S①着)は絶望の8枠。ただでさえデータでは厳しい枠なのに、逃げ馬でこの枠はキツそうだね…。

穴ファクター2【斤量別成績】

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
51.5~53kg 3- 3- 1- 15/ 22 13.6% 27.3% 31.8%
53.5~55kg 5- 3- 4- 51/ 63 7.9% 12.7% 19.0%
55.5~57kg 2- 2- 3- 45/ 52 3.8% 7.7% 13.5%
57.5~59kg 0- 2- 2- 7/ 11 0.0% 18.2% 36.4%
POINT

【53kg以下】軽ハンデの激走に注意せよ!

53kg以下の馬は過去10年で22頭しか出ていないのに3勝、複勝率も31%と高アベレージだよ。とくに2019年は①着(トロワゼトワル52kg)、②着(ディメンシオン53kg)、④着(カルヴァリオ53kg)と、軽ハンデ馬が大激走したよ。

それから逆に57.5kg以上のハンデを背負う馬にも注意。過去10年で11頭出走してるけど、掲示板を外したのはわずか2頭。ようは斤量が軽すぎる=足りない、斤量が重すぎる=負担が大きいと早合点したらダメなんだ。

今年はアフランシール(52kg:新潟日報賞①着)、アンドラステ(53kg:関屋記念③着)、スイープセレリタス(52kg:函館SS⑫着)、スマイルカナ(52kg:米子S①着)が該当するよ。

穴ファクター3【馬体重別成績】

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
420~439kg 1- 2- 0- 1/ 4 25.0% 75.0% 75.0%
440~459kg 2- 4- 2- 12/ 20 10.0% 30.0% 40.0%
460~479kg 3- 1- 2- 29/ 35 8.6% 11.4% 17.1%
480~499kg 0- 2- 0- 44/ 46 0.0% 4.3% 4.3%
500~519kg 2- 1- 5- 20/ 28 7.0% 10.7% 28.6%
520kg~ 2- 0- 1- 13/ 16 12.5% 12.5% 18.8%
POINT

【460kg未満】複勝率75%!小柄な馬の激走率は鬼!

京成杯オータムハンデの舞台である中山=小回りはコーナリングをいかにスムーズに行えるかが鍵。だから、内枠(=外を回らされるロスがない)、馬込みが大丈夫か(=物怖じしない)、手前をスムーズに替えられるか(=コーナー毎に瞬時に対応できる)、馬体重(=遠心力で外に飛ばれない)といった要素も重要になってくるんだ。

今年はアルーシャ(前走:450kgパラダイスS①着)とスマイルカナ(前走:410kg米子S①着)が該当するよ!どちらも実力上位馬だから要注目だね。

暴露王の注目好調教馬!
▼【追い切り特選】▼

スマイルカナ  (美浦・高橋祥厩舎)
穴指数★★☆☆☆
南W(良) 67.5-52.1-38.8-11.9⑨馬なり

桜花賞→オークス→米子Sという異例のローテで春を締めた後は夏休みを経てココ照準。帰厩後の本追い切りにはすべて柴田大Jが跨り、ウッドの外ラチ沿いで毎週のように抜群の脚捌きを披露。ハードに追った1週前の66秒0も素晴らしかったが、馬なりでシャープに決めた今週も"圧巻"のひとことだった。

暴露王はどう見る?
▼京成杯オータムハンデ 2020の注目馬▼

注目馬1:スマイルカナ

前走:米子S(OP) 2番人気・1着
穴指数:★★☆☆☆


ハナに立つ競馬で好走している一方、番手以下の競馬では目立った結果が出てないよ。それに実は京成杯オータムハンデの場合、逃げ粘りが成功する例は少ないんだ(過去10年で複勝率7.7%)。8枠だから穴ファクター1【外枠の馬券圏内率は低い】なのも危険。

でも、穴ファクター2【53kg以下の軽ハンデ馬】と穴ファクター3【小柄な馬の激走率は高い】に該当するから要注意だね。前走でラセット(次走で中京記念②着)を完封しているのもポイントだよ。

注目馬2:シゲルピンクダイヤ

前走:ヴィクトリアM(G1) 11番人気・6着
穴指数:★★★☆☆


前走のヴィクトリアMでは単勝100倍で⑥着と大健闘。勝ったアーモンドアイが異次元だっただけで、②着のサウンドキアラとは0秒3差だからね。やはり桜花賞で②着&秋華賞で③着と大舞台で激走しているだけの実力はあるよ。古馬になって初の牡馬混合戦がどうでるかだね。名前で過小評価されるなら面白い1頭だよ。

これらの馬は要チェックだね。
でも、実は京成杯オータムハンデには・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

京成杯オータムハンデ (G3)

無料で入手する