【クイーンS 2020 予想】絞り獲り狙いは必見!軸にするのは※人気で問題なし!枠順・騎手・調教



クイーンS(G3)

2020/8/2(日) 札幌芝1800m
3歳以上オープン (国際) 牝(特指)(別定)

出走予定メンバー(7/23時点)

馬名 年齢 前走騎手 前走
アロハリリー牝5中谷福島牝馬S11着
オールフォーラヴ牝5和田竜京都金杯9着
カリビアンゴールド牝6藤岡康巴賞3着
【人気】コントラチェック牝4武豊Vマイル14着
【人気】サムシングジャスト牝4松山初音S1着
シャドウディーヴァ牝4デムーロエプソムC16着
ジョブックコメン牝5武豊北海H1着
【人気】スカーレットカラー牝5石橋脩Vマイル15着
タガノアスワド牝6西村淳マレーシアC1着
【人気】ビーチサンバ牝4福永Vマイル9着
【人気】フェアリーポルカ牝4和田竜福島牝馬S1着
モルフェオルフェ牝5木幡育福島牝馬16着
リーププラウミルヒ牝5国分優マーメイドS11着
レッドアネモス牝4北村友マーメイドS8着

中山牝馬S→福島牝馬Sと重賞を2連勝しているフェアリーポルカ、クラシックでは大物と評価の高かったコントラチェックあたりが人気を集めそうだね。ただ1頭の3歳馬シャインガーネットは出走予定だったのに回避しちゃったね。NHKマイルCでは牡馬相手に⑥着だったし、このときの勝ち馬(ラウダシオン)を2走前のファルコンSでは負かしてたんだけど、追い切り後に筋肉痛が出ちゃったんだって。

枠順確定

1レッドアネモス55.0kg吉田隼
2スカーレットカラー56.0kg岩田康
3ナルハヤ55.0kg藤田菜
4タガノアスワド55.0kg西村淳
5アロハリリー55.0kg池 添
6カリビアンゴールド55.0kg藤岡康
7コントラチェック55.0kgルメール
8フェアリーポルカ56.0kg和田竜
9ビーチサンバ55.0kg福 永
10リープフラウミルヒ55.0kg丹 内
11モルフェオルフェ55.0kg柴田善
12オールフォーラヴ55.0kg横山武
13サムシングジャスト55.0kg武 豊
14シャドウディーヴァ55.0kg内田博

有力馬情報

フェアリーポルカ:1人気予想

中山牝馬S→福島牝馬Sと重賞連勝し、実績は文句なしのナンバー1。前走後「2走前(愛知杯)から瞬発力がついて成長してきた」と和田竜Jが胸を張ったように、陣営としてはヴィクトリアMで打倒アーモンドアイのプランもあったよう。となれば、ここは確勝を期すために出走してきたと見るべきだが、過剰人気には警戒したいところ。

日付 レース 着順
20/04/25 福島牝馬S 3人気①着
20/03/14 中山牝馬S 3人気①着
20/01/18 愛知杯 6人気④着
スカーレットカラー:2人気予想

G1戴冠には縁がないが、G2&G3では健闘。2走前の阪神牝馬Sでも②着に食い込み、地力の高さを示してみせた。ヴィクトリアMではポジション取りに失敗し、終始力んだ走りとなり直線でガス欠。乗り慣れた岩田康に手戻りする今回は、メンバーも楽になるぶん改めて期待がかかる。

日付 レース 着順
20/05/17 ヴィクトリアM 7人気⑮着
20/04/11 阪神牝馬S 6人気②着
19/12/22 有馬記念 11人気⑮着
サムシングジャスト:3人気予想

昨年秋から①①③①着とトントン拍子で勝利を積み重ね、気づけばOP入り。しかも前走の初音Sで④着に下したリーププラウミルヒはその後福島牝馬Sを②着。今回は長らくコンビを組んできた松山が騎乗停止となったため、武豊に乗り替わりとなるが、松田国厩舎には珍しい名手の快諾はそれだけ気のある証拠。出走間隔がどうでるか。

日付 レース 着順
20/02/16 初音S 2人気①着
20/01/06 新春S 4人気③着
19/11/19 宝ヶ池特別 3人気①着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

クイーンSで
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3

穴ファクター1【枠別成績】

着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 3- 1- 2/ 10 40.0% 70.0% 80.0%
2番人気 3- 0- 1- 6/ 10 30.0% 30.0% 40.0%
3番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
4番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
6-8番人気 2- 2- 2- 24/ 30 6.6% 13.3% 20.0%
9-11番人気 2- 2- 2- 23/ 29 6.8% 13.8% 20.7%
12-14番人気 0- 0- 0- 22/ 22 0.0% 0.0% 0.0%
POINT

【絞る!】勝率70%!軸は人気上位を信頼すべし!

過去10年で1人気と2人気が7勝してるよ!しかも1人気は8頭が馬券になっているから、データ的には軸で信頼するのが鉄板だね。今年はフェアリーポルカ(福島牝馬S①着)が1人気濃厚だよ!

一方で3~5人気は0勝で連対率も10%とかなり低いんだ。逆に6~11人気が4勝してる。だから1&2人気は買うけど3~5人気は軽視する…くらいの思い切った作戦がイイかもね。

穴ファクター2【枠順別成績】

枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 1- 8/10 0.0% 10.0% 20.0%
2枠 3- 2- 1- 4/10 30.0% 50.0% 60.0%
3枠 1- 0- 1-14/16 6.3% 6.3% 12.5%
4枠 0- 2- 2-14/18 0.0% 11.1% 22.2%
5枠 1- 2- 2-13/18 5.6% 16.7% 27.8%
6枠 1- 0- 2-16/19 5.3% 5.3% 15.8%
7枠 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0%
8枠 2- 2- 1-15/20 10.0% 20.0% 25.0%
POINT

【注意】2枠は毎年のように馬券になる!

みんな聞いて驚かないでね。過去10年で2枠の連対率は50%、複勝率も60%とメチャクチャ高いんだ。2016年には2枠2番の9人気マコトブリジャールが勝って39万馬券が飛び出してるよ!

やっぱり今の時期は馬場が傷んでないから、すんなり先行してポジションを取れる枠が安定して結果を残すんだよね。

穴ファクター3【前走クラス別成績】

レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1600万下 2- 1- 3- 20/ 26 7.7% 11.5% 23.1%
OPEN特別 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
G3 2- 4- 3- 36/ 45 4.4% 13.3% 20.0%
G2 0- 0- 0- 0/ 0 0.0% 0.0% 0.0%
G1 5- 4- 3- 23/ 35 14.3% 25.7% 34.3%
POINT

【鉄板】前走G1出走馬はどんな成績でも無視NG!

前走G1出走馬が5勝してるよ!去年の優勝馬ミッキーチャーム(ヴィクトリアM⑧着)や一昨年③着のソウルスターリング(ヴィクトリアM⑦着)のように、G1で惨敗した馬でもココでは力が違うと見るのが基本。

今年はコントラチェック(ヴィクトリアM⑭着)とビーチサンバ(ヴィクトリアM⑨着)が該当するよ!

暴露王の注目好調教馬!
▼【追い切り特選】▼

モルフェオルフェ  (美浦・大江原厩舎)
穴指数★★★★★
札幌芝(良) 62.5-48.7-35.0-11.6⑦馬なり

オープンに上がって⑭⑯⑧⑯着。毎回自分の競馬をしてバッタリだから壁を感じるのは否めないが、前走後のリフレッシュ放牧がよほどうまくいったのか、戻ってからの攻め馬は群を抜く質の高さ。この日も単走でスムーズに加速し、地を這うようなフットワークで別掲の好時計。デキだけは本当に申し分ない。

暴露王はどう見る?
▼世間の注目馬▼

注目馬1:コントラチェック

前走:ヴィクトリアM(G1) 8番人気・14着
穴指数:★★☆☆☆


フラワーCを勝って鞍上レーンでオークスに殴り込んできたときは藤沢和厩舎の大物だって騒がれたよね~。でも、古馬になってからは⑯⑭着と大敗を続けているのが気になるところ。牝馬は一度崩れると脆いからね。でも「【穴ファクター3】G1馬はどんな成績でも無視NG」に該当するから、ここで復活の可能性も否定はできないよ。

注目馬2:サムシングジャスト

前走:初音S(3勝ク) 2番人気・1着
穴指数:★★★☆☆


昨年末から①①③①着で一気にOP入り。今回のメンバーで一番勢いのある馬だよ。スパルタで知られる松田国師が管理してるんだけど、相当目をかけてるみたい。でもG1出走馬が複数揃ってる今回、重賞でどこまでヤレるかは未知数だよね。

彼らは要チェックだね。
でも、実はクイーンSには・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

クイーンS (G3)

無料で入手する