【宝塚記念 2020】過去10年のデータで激走する穴馬は※人気!サートゥルナーリアは?出走・枠順・予想



宝塚記念(G1)

2020/6/28(日) 阪神芝2200m
サラ系3歳上オープン (国)(指) 定量

出走予定メンバー

馬名 前走 年齢 騎手
アドマイヤアルバメトロポリタンS8着 牡5 西村淳
アフリカンゴールド目黒記念11着 セ5 ◯◯
カデナ大阪杯4着 牡6 鮫島駿
キセキ天皇賞・春6着 牡6 武豊
グローリーヴェイズ香港ヴァーズ1着 牡5 レーン
クロノジェネシス大阪杯2着 牝4 北村友一
サートゥルナーリア金鯱賞1着 牡4 ルメール
スティッフェリオ天皇賞・春2着 牡6 幸英明
ダンビュライト天皇賞・春9着 セ6 松若
トーセンカンビーナ天皇賞・春5着 牡4 浜中
トーセンスーリヤ新潟大賞典1着 牡5 横山和
ブラストワンピース大阪杯7着 牡5 川田
ペルシアンナイト安田記念9着 牡6 和田竜
メイショウテンゲン天皇賞・春8着 牡4 松山
モズベッロ天皇賞・春7着 牡4 池添
ラッキーライラック大阪杯1着 牝5 M.デムーロ
レッドジェニアル鳴尾記念3着 牡4 酒井学
ワグネリアン大阪杯5着 牡5 福永

枠順確定

1トーセンカンビーナ58.0kg浜 中
2ペルシアンナイト58.0kg和田竜
3グローリーヴェイズ58.0kgレーン
4アフリカンゴールド58.0kg藤 井
5サートゥルナーリア58.0kgルメール
6トーセンスーリヤ58.0kg横山和
7ワグネリアン58.0kg福 永
8レッドジェニアル58.0kg酒 井
9アドマイヤアルバ58.0kg西村淳
10メイショウテンゲン58.0kg松 山
11ラッキーライラック56.0kgデムーロ
12モズベッロ58.0kg池 添
13ダンビュライト58.0kg松 若
14キセキ58.0kg武 豊
15スティッフェリオ58.0kg
16クロノジェネシス56.0kg北村友
17カデナ58.0kg鮫島駿
18ブラストワンピース58.0kg川 田

有力馬情報

サートゥルナーリア:1人気予想

ファン投票3位。暮れの有馬記念では②着に敗れたものの、年明け初戦となった金鯱賞では58キロの重斤量を物ともしない圧勝劇。ギリギリまで追い出しを待つ余裕まであり、さすがにココでは力が違った。アーモンドアイこそ不在だが、一線級の相手が揃った今回はどこまで。

日付 レース 着順
20/03/15 金鯱賞 ①着
19/12/22 有馬記念 ②着
19/10/27 天皇賞・秋 ⑥着
ラッキーライラック:2人気予想

ファン投票2位。3歳時はクラシック獲りを嘱望されながらも無冠に終わり、4歳暮れまで勝ち星から遠ざかっていたが、エリザベス女王杯勝ちを切っ掛けに一皮剥けた。前走の大阪杯ではこれまでのように勝負どころでズブさを見せることもなく、着差以上に強い勝ちっぷり。

日付 レース 着順
20/04/05 大阪杯 ①着
20/03/01 中山記念 ②着
19/12/08 香港ヴァーズ ②着
クロノジェネシス:3人気予想

ファン投票6位。大阪杯ではラッキーライラックにクビ差敗れたものの、牡馬相手に引けを取らないのは年明けの京都記念勝ちで証明済。秋華賞に続いて2つ目のGⅠタイトルを戴冠する実力は十分にある。

日付 レース 着順
20/04/05 大阪杯 ②着
20/02/16 京都記念 ①着
19/11/10 エリザベス女王杯 ⑤着
ブラストワンピース:4人気予想

ファン投票9位。3歳時にはダービー→新潟記念→菊花賞→有馬記念と異色のローテを歩んだことが話題になった。それでも古馬相手に新潟記念と有馬記念を勝ったのは立派。⑦着に沈んだ前走の大阪杯は、位置を取りに行った結果、終始外々を回る羽目になったのが響いたか。

日付 レース 着順
20/04/05 大阪杯 ⑦着
20/01/26 AJCC ①着
19/10/16 凱旋門賞 ⑪着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

宝塚記念で
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3
(※過去10年)

穴ファクター1【人気別成績】

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 4- 1- 3/ 10 20.0% 60.0% 70.0%
2番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
4-8人 5- 2- 4- 39/ 50 10.0% 14.0% 22.0%
9-18人 0- 3- 2- 59/ 64 0.0% 4.7% 7.8%
POINT

【絞る!】1人気は思い切ってヒモ扱いもアリ

確かに1人気が馬券になる確率は高いけど、4~8人気が5勝しているのは要注目だね。それなりのメンバーが集まるから、激走態勢なのに“人気の盲点”になってしまうパターンが多いんだよね。

それに過去10年で勝った1人気はオルフェーヴルとゴールドシップだけだし、波乱ムードの今年は思い切ってヒモ扱いでもいいかもよ?

穴ファクター2【前走レース別成績】

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
天皇賞・春(G1) 4- 2- 2-30/38 10.5% 15.8% 21.1%
鳴尾記念(G3) 1- 2- 1-13/17 5.9% 17.6% 23.5%
大阪杯(G1) 1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6%
金鯱賞(G2) 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3%
目黒記念(G2) 1- 0- 1-15/17 5.9% 5.9% 11.8%
メトロポリタンS(OP) 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
POINT

【間隔空いても可】大阪杯組の軽視は禁物!

勝った回数では、古馬王道路線の春天組(4回)が目立つよね。でも複勝率をよく見て。他のレースでもほとんど変わらないんだ。だから「大阪杯からはレース間隔も空いてるし…」なんて思い込みに囚われちゃダメ。事実、17年のサトノクラウン(①着)や19年のキセキ(②着)は大阪杯からの直行だったよね。

穴ファクター3【前走着順別成績】

着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 2- 2- 3- 22/ 29 6.9% 13.8% 24.1%
2着 1- 3- 4- 9/ 17 5.9% 23.5% 47.1%
3着 2- 1- 1- 11/ 15 13.3% 20.0% 26.7%
4着 1- 1- 0- 10/ 12 8.3% 16.7% 16.7%
5着 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
6~9着 2- 2- 2- 34/ 40 5.0% 10.0% 15.0%
10着~ 1- 1- 0- 18/ 20 5.0% 10.0% 10.0%
POINT

【今年もいます】春天惨敗で人気落ちの馬が狙い目!?

結論から言うと、前走何着でも関係ないよ!例えば、京都3200mの春天と阪神2200mの宝塚で求められる特性は全く違うからね。むしろ中距離~クラシックディスタンスで結果を出しているかに注目してみて。前走春天⑨着のダンビュライト(京都記念①着)や同⑦着のモズベッロ(日経新春杯①着)なんていかにも人気落ちしそうだし面白いかもね?

暴露王の注目好調教馬!
▼【追い切り特選】▼

キセキ  (栗東・角居厩舎)
穴指数★★★☆☆
坂路(良) 51.1-37.4-24.8-12.7一杯

角居厩舎3頭出しはすべて坂路の最終調整。時計的には"出てしまう"タイプのサートゥルナーリアに及ばないが、武豊Jが跨った先週のCWに続き2週連続でハードに追ってきたという点ではこの馬に一番の熱量が感じられたのも事実。少なくともゲート再審査に気を使った前走時とは仕上げが違っている。

暴露王はどう見る?
▼世間の注目馬▼

注目馬1:サートゥルナーリア

前走:金鯱賞(G2) 1番人気・1着
穴指数:★☆☆☆☆


9戦して連を外したのは、出遅れたダービー(④着)と秋天(⑥着)だけ。金鯱賞は圧巻の走りだったし1人気は確実だね。でも過去10年で勝った1人気はオルフェーヴルとゴールドシップだけ。去年の有馬(②着)では鞍上のスミヨンが「どうやってもリスグラシューに勝てない」と完敗宣言してたし、そこまでの名馬かなぁ?

注目馬2:ブラストワンピース

前走:大阪杯(G1) 3番人気・7着
穴指数:★★☆☆☆


ピンかパーの馬でファンも多いから、前走⑦着でも穴人気しそうだよね。データ上では軽視も禁物だよ。それに基本的に3歳以降は勝って負けて…を繰り返してるから次は勝つ番!なんて思っている人もいるかも(笑)。

でもここだけの話、6月頭に帰厩した時点で体重は570キロあったんだって。キタサンブラックでも最高で540キロだよ。ここから稽古と輸送で大幅に減るのもどうかと思うし、これは戦前から危険な香りが漂ってるなあ。

彼らは要チェックだね。
でも、実は宝塚記念には・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

宝塚記念 (G1)

無料で入手する