ネタコンテンツ

暴露トラックマンの極穴・重賞直前リポート

重賞攻略の鍵も現場の“ホンネ”!世間が軽視する伏兵馬、危険な噂のある人気馬……裏ネタを超厳選で前日公開!

【桜花賞 2024】昨年は◎6人気馬をズバリ!人気関係なしに買える激走馬の共通点とは!?

オッス。花より団子のマンダケンタだ。

先週の大阪杯は4歳馬のベラジオオペラが勝利。当コーナーでCトラが言っていた通り、4歳馬が①着、5歳馬が②着、③着と若い馬同士での決着となったな。

勝ち時計1分58秒2は同日の8Rを考えるとそう速くないが、それでも例年と比較して水準級といえるタイム。高速決着になったことが、若い4~5歳馬の好パフォーマンスを引き出したと見てイイだろう。

谷間を突け!?アナ牝馬の共通点

マンダケンタ

さて今週は牝馬クラシックの一冠目・桜花賞だ。

昨年は1番人気のリバティアイランドがド派手な勝ち方をしたせいで「堅いGⅠ」というイメージを持っている方も多いかもしれないが、実は過去10年の1番人気は(2-3-1-4)でわずか2勝。複勝率は60.0%あるとはいえ、信頼できる数字とはいえない。

実は14年のハープスターが勝って以降、15年~22年にかけて8連敗していて、一昨年はナミュールが見せ場なく⑩着に敗れている。

また15年ルージュバック・16年メジャーエンブレム・17年ソウルスターリング・18年ラッキーライラックはいずれも「単勝1倍台」のグリグリ人気で敗れているように、むしろ1番人気をむやみに信頼するのは危険。

その一方、6番人気以下は過去10年で計10頭が好走。19年以降、毎年1頭は馬券に絡んでいるように、好配当を狙うことも十分可能なレースといえるだろう!

6番人気以下の好走馬(過去10年)
15年②着 クルミナル(7人気)
15年③着 コンテッサトゥーレ(8人気)
16年③着 アットザシーサイド(6人気)
17年①着 レーヌミノル(8人気)
19年②着 シゲルピンクダイヤ(7人気)
20年③着 スマイルカナ(9人気)
21年③着 ファインルージュ(8人気)
22年①着 スターズオンアース(7人気)
22年③着 ナムラクレア(6人気)
23年②着 コナコースト(6人気)

マンダケンタ

人気馬の好走・凡走に関係なく、穴はコンスタントに狙えそうだ。今年は抜けた馬もいない状況だけに、波乱の桜花賞となる可能性はかなり高いんじゃないかと見ているぞ。

今回も先週に引き続き、阪神コースの申し子こと「Cトラ」に桜花賞で狙うべきポイントを伝授してもらおう。

Cトラは去年の桜花賞でリバティアイランドではなく、②着に入った6人気◎コナコーストに本命を打っている。結果的に一番堅い組み合わせになってしまったが、過去には同舞台のG1でも8人気の大穴をブッコ抜いたように妙味ある穴馬をあぶり出す慧眼はトラックマンの中でもトップクラスだ。

6人気の激走を見抜いた!
23年4月9日 阪神11R
『第83回桜花賞』

◎コナコースト(6人気)
○リバティアイランド
馬単1520円的中
同舞台の牝馬GⅠもズバリ!
21年12月12日 阪神11R【★★★★★】
『第73回阪神ジュベナイルF』

◎ラブリイユアアイズ(8人気)
○サークルオブライフ
△ウォーターナビレラ
3連単11万4300円的中
3連複1万6850円的中
馬単1万6540円的中

Cトラックマン

あいよケン坊、今週もよろしく頼むな。先週の大阪杯はワシが言った通り、4歳馬と5歳馬での決着。傾向的にはしっかりと掴めているし、今週の桜花賞も期待してや!

で、桜花賞。さっき、ケン坊が過去に1番人気で敗れた馬を紹介してくれたけど、そのほとんどが「レースでモロさ」を出しての敗戦だったんよね。

人気を背負っているとはいえ、出走するのはキャリアの浅い3歳馬。正直言って、どの馬もまだまだオコチャマや。

せやから、自分の形に持ち込めなかったり、馬場のバイアスが噛み合わなかったりすると、全く力を出せずに終わってしまうことが良くある。特に「初モノ」の要素が絡む人気馬は疑ってかかったほうがええぞ!

「初モノ」で人気を裏切った馬
15年ルージュバック 初のマイル戦で流れに乗れず⑨着
16年メジャーエンブレム 内枠で出遅れ、初めて中団に控える形になり④着
17年ソウルスターリング 初の道悪が響き③着

Cトラックマン

今年の出走馬でいえば、チェルヴィニアは初の関西圏への輸送、GⅠ、そして急遽の乗り替わりと「初モノ」が揃ってしまっているだけに、このハードルを乗り越えられるかがポイントやな。

ルージュバック、メジャーエンブレムはそれぞれ「揉まれる形」になって馬券外に敗れたけど、逆に穴馬で好走しやすいのは馬群を苦にしないタイプ。

先行馬も差し馬も、過去に「内枠」から好走したり、もしくは馬混みを割って好走した実績があった馬がよく穴を空けとるんやで!

「内枠」or「馬群を割って好走」した実績があった人気薄
17年①着
レーヌミノル(8人気)
阪神JFで4番枠から好位を立ち回って③着
19年②着
シゲルピンクダイヤ(7人気)
馬群を縫うように伸びて初勝利
21年③着
ファインルージュ(8人気)
馬混みで脚を溜め、直線内を突いて初勝利
22年①着
スターズオンアース(7人気)
フェアリーSで3番枠から内を突いて②着
22年③着
ナムラクレア(6人気)
ファンタジーSで2番枠から②着
23年②着
コナコースト(6人気)
新馬戦で3番枠から馬群を割って勝利

Cトラックマン

とまあ、こんな感じで穴を空けた馬のほとんどがタイトな競馬を経験していた、ってのがポイントやな。

近年の桜花賞は全体的にレベルが高く、それこそスターズオンアースが勝った年のようにゴール前は大接戦、大混戦になることが多い。そんな状況でこそ、馬群をタイトに立ち回れる器用さが活きてくるってワケ。

なかなかデータから読み解くのは難しい部分やけど、プロならば出走各馬が過去にどんなレースをしていたか把握しておくのは当然のこと。

Cトラックマン

今年の出走馬でいえば…

セキトバイースト 紅梅Sで馬群を割って②着
テウメッサ アネモネSで馬群を割って②着
ハワイアンティアレ チューリップ賞で馬群を割って③着

Cトラックマン

この辺りは馬混みでタイトな競馬を経験しているだけに、注目の穴候補といえそうやな。

買い目に入れても良さそうなのは…

Cトラックマンの
事前注目馬❶

ハワイアンティアレ

全く人気が無いと思うけど、個人的に押さえておきたいと思っているのがこの馬。チューリップ賞は15番人気の低評価を覆して③着。馬群の間を割るように伸びる走りは、よりタイトさが要求される本番での好走を予感させるモノ。デビューからの3戦全てでメンバー2位以内の上がりをマークしているように、末脚は堅実。前走に続いての一発大駆けもありそうや!

Cトラックマンの
事前注目馬❷

セキトバイースト

前走のチューリップ賞は逃げて②着に粘ったけど、2走前の紅梅Sは中団馬群で脚を溜めて、馬群を割るように伸びての②着。脚質に自在性がある点は魅力的やな。1勝馬やけど、3走前の赤松賞を除けばオール連対していて、相手なりに走れるタイプ。メンバー強化となる今回も評価がそこまで上がらないのであれば、押さえておく価値があると思うで!

マンダケンタ

なるほど。たしかに過去の好走馬を見ていても、馬混みを苦にしないタイプが穴を開けるケースがかなり多いことが分かる。ココに目を付けるとはさすがCトラ、先日の穴馬推奨といい、阪神コースの分析力は恐れ入るぜ!

24年3月23日 阪神1R
◎サザンカ(3人気)
△プリンセスカレン
△ポートカルタヘナ
馬単1万0880円的中
3連複1万0200円的中

Cトラックマン

阪神コースを研究し続けてウン十年、まあ~そんじょそこらのトラックマンと比べられちゃ困るってワケよ!

それに、レースの分析は当然として、ワシは関係者とも懇意にさせてもらっとるからね。たとえば、先週も取り上げた3/23(土)の阪神1R。このレースは関係者から「コレは馬券勝負できると思うで!」って自信のコメントが入っていたんやけど、その言葉通りの好走やったよね。

⑦着と大敗した後の一戦でも「前走は休み明けで頑張りすぎた反動が出ただけ、今回は巻き返せる」ってどこにも出てないハナシがあったからこそ、ワシも自信もって推奨馬に挙げることができたんや。

マンダケンタ

高松宮記念のコラムでYトラも言っていたけど、やはり高い分析力+情報は好配当をゲットする上で必須の条件といえそうだな。

『情報は足で稼げ』がモットーのオレも負けてられないぜ。現場からの情報を踏まえて、桜花賞の注目穴候補は「土曜日」に当ページで無料公開予定だ!コッチも見逃すなよ!

続きは会員限定で公開中!
今週ご登録いただくと
注目重賞の穴馬情報も
無料でお届けします!

第65回 宝塚記念 (G1)

しあわせ万馬券【暴露王】が誇る現役記者は、22年3連単【2万5220円】の立役者

激走穴:ヒシイグアス(5人気→②着)
に匹敵する、爆穴激走馬の情報を独占入手済!

重賞リポート担当・万田券太
重賞・GIの万券直結情報はおれにまかせろ!
気づけば、競馬記者としてデビューして早ウン十年。暴露王が提携している凄腕トラックマン連中(現役記者)の中でも、俺以上に足で情報を聞き込んでいるヤツはいないと自負している。

立場上本名を明かすわけにはいかないので万券にちなんで"万田券太"ってことでよろしく。まぁ普段の現場でも「ケン」「ケンさん」「ケンちゃん」ってな感じで呼ばれてることだし、案外悪くない名前だろ?それじゃ、今週もとっておきの穴情報で重賞万券~!

<< 一覧に戻る