ネタコンテンツ

万券直結厩舎&騎手の本音

「馬主の耳に入ると困るから」という理由で伏せられたり「内緒だけど実は…」など、決して表に出てこない『禁断の本音』を暴露しちゃいます!

【土曜日の厩舎】
高柳 大輔(栗東)

関西54位 7勝

昨年はデビュー4年目にしてキャリアハイの27勝。さらにこのうちの2勝は人気に応えてアンタレスSと帝王賞を快勝したテーオーケインズ。先日かしわ記念で②着に入ったソリストサンダーも管理しており、勢いたっぷりの存在感を見せつけている。

上記2頭のイメージどおり、昨年も27勝中17勝がダートだが、実ははもっとおいしい条件アリ。この厩舎、休養明けや初出走の成績はすこぶる悪く、昨年は2-7-6-62/77で単勝回収率は5%未満。それが使っていくごとに上昇カーブを描き、ピークの明け3~4戦目では単勝回収率130%前後に達するのだ。したがって、基本的には使って仕上げていく厩舎だと割り切るべし。

本日の一番
中京4Rフローレンスハニー【C】古川吉

土曜だけで7鞍の大攻勢を仕掛ける高柳大厩舎にあって、いかにも駆け頃な妙味馬がフローレンスハニーだ。「鞍上からマイルを使って欲しいと直々の進言があってね」とは某厩舎関係者の弁。「もともと彼が稽古をつけていた馬。『ようやく実戦で乗れるわ~』ってことで、かなり色気を持っているんだ」と、今度こその勝ち上がりに期待を込める。もとよりデビューから5戦すべて掲示板内と安定感はメンバー随一。このムードなら大崩れするシーンは思い浮かばない。

その他のジャッジ
東京6R テンメジャーガールC
東京7R ラピドゥスC
東京9R シャークスポットD
中京3R テーオークレールC
中京8R セデックカズマB
中京12R アイスリアンC

<< 一覧に戻る