的中

殿堂入り馬券

業界ナンバーワンの万券サイトである暴露王、当然10万円以上の高額配当的中馬券についても、これまでに実績多数!当社提携の凄腕トラックマンが、独自のコネクションで極秘入手した超絶情報なら、本当に獲れるんです!

2020年の殿堂入り馬券

5回東京5日目3R
◎カナリキケン
○コンソレーション
△ムラサメマル
3連単18万7060円的中
3連複2万9440円的中
馬単6480円的中
★情報★

担当者が「密かに期待していた」というデビュー戦は心房細動で大敗だったが、しっかり立て直しての再始動となった前走ではメンバー最速の上がりでアワヤの④着と大健闘。どうやらあれが本来の姿とみてカナリキケンを狙い撃つ。

「8秒も負けた初戦には明白な理由があったので、しっかり立て直した前走はぶっちゃけ勝てるぐらいに思っていたんだ。それだけにあの0秒1差にはのけぞったけど、まともに走ればやれることは十分に証明できたからね。順調に折り返せる今回は普通に反動より上積みしかないから、まだグリグリにならないようなら馬券的には美味しいトコなんじゃないのかな」と先の担当は引き続き鼻息が荒い。

4回東京5日目12R
◎スマッシングハーツ
○タガノビューティー
△テーオーポシブル
3連単11万7400円的中
3連複2万0900円的中
馬単2660円的中
★情報★

「当日の朝までは良かったんだけど、最終レースまで待つ間にドンドン雰囲気が落ちてしまって…。レースの時にはもう終わっていたよ」と前走を振り返った関係者。◎公開していた我々にとっては「何を今さら」という気がしないでもないが、ひとまず敗因がハッキリしている以上、まだスマッシングハーツは見限れないことになる。

今回帯同してきた別のスタッフも「自分はその前回との比較はできないけど、中間の攻め過程から輸送後の気配。馬の状態に関しては今のところ何の問題もないと思っている。2走前の勝ちっぷりからも能力が高いのは間違いないし、ミルコによると距離が延びるのも好材料。あとはノリさん(横山典)がちゃんとロスなく乗ってくれるかどうか。それだけだと思うよ」と。

その前走が1番人気で今回2番人気。どうやらこの人気落ちには"美味"の予感しかない。

4回新潟1日目4R
◎マーニ
△タイセイアプローズ
○プレシャスタイム
3連単12万6840円的中
3連複1万9410円的中
馬単1万2330円的中
★情報★

三津谷くんが乗って単走でビシッとやった先週のCWが絶品の動き。相性のいいコースを狙って当人も「完璧に仕上げました」と胸を張るマーニに白羽の矢を立てた。

厩舎関係者も「前走は内枠だったぶん下げざるをえない所があって、ポジション取りが悪くなりすぎてもったいない競馬になってしまったのが痛かったね。でも、あまり得意じゃない右回りで④着なら力をつけてるのは間違いないし、その後はしっかり立て直してココを目標にしてきたからね。ジョッキーも『このデキで左回りなら勝負になります』と気合が入ってるから、そこまで言うならちゃんと乗って結果を出してもらわないとね」と色気タップリ。

4回中山4日目5R
◎ラングロワ
△ペイシャフェスタ
○マオノジーナス
3連単15万6750円的中
馬単2万9500円的中
3連複1万4740円的中
★情報★

先週のゴスホーククレスト、土曜のサンミラー。期待馬がタテ続けに出遅れて負けてしまったことで超不機嫌になっていた堀井師が「これも楽しみな馬。どうせ人気はないから馬券買ってみたら」と薦めてきたのがラングロワのこと。

別の厩舎スタッフも「出遅れて負けちゃったとはいえ、先週は勝つはずだったゴスホーククレストに食い下がっていたし、今週も派手ではないにしても3頭併せの真ん中で凄くイイ動き。そもそもこの馬にはいつも重い助手が乗っているので、負荷もしっかりとかかっているんだ。まぁ、素材的にはとくに大物というわけでもないけど、とにかく気のいいタイプだからね。初戦で狙うなら全然アリだと思うよ」と。これは乗ってみる価値がありそう。

2回新潟1日目10R
◎ハーフバック
△オーマイガイ
△ディアボレット
3連複11万4880円的中
馬単1万1970円的中
★情報★

『もともとが攻め巧者で坂路50~51秒台が出るのはザラというタイプ。今回程度の時計が出ても驚くことはないのだが、この中間は珍しく1週前にCWを挟んで6F78秒5という破格の時計をマークしているのがミソ。いつもどおりしっかり間隔をあけて中7週。ハンパなくフレッシュな状態に仕上がっている』──。木曜配信の無料メルマガでこう取り上げられていたハーフバックが◎でいい。

厩舎関係者も「もともと京都と新潟で勝っている平坦巧者。ここ2戦でクラスのメドも立ったので、前走の後は坂のある阪神をスキップしてココ一本に備えてきました。攻め馬の動きを見ても分かるとおり態勢はバッチリ整っていますし、このジョッキーとも相性がイイですからね。普通に走れば大体イイトコだと思っているんです」と自信ありげ。

4回阪神6日目12R
◎ニホンピロランド
△ロードエクスプレス
○メイショウオーギシ
3連単26万1610円的中
3連複3万4380円的中
馬単3万2440円的中
★情報★

8ヶ月のブランクを挟んで昇級して⑦→⑥→⑤着。時計も1分13秒5→13秒1→12秒5と着実に縮め、いよいよ勝ち負けを描けるところまできたニホンピロランドにそろそろの期待がかかる。

「しっかり間隔を取りながら月1走ずつ。もはや駄馬しかいないウチの厩舎ではかなり上位レベルの期待馬なので、とにかく細心の注意を払って大事に使っています(笑)。おかげで体調面はグングン良くなっていますし、ずっと手綱を取っている小牧さんも『前走は展開が向かなかった中での掲示板。もう完全にメドは立ったと思う』と言ってくれましたからね。流れに乗りやすいという意味では1Fの延長も悪くないと思うので、もういつ出番があっても…と思っているんです」と厩舎関係者。これはもう目が離せない。

3回阪神7日目11R
◎アカネサス
○ブライティアレディ
△フェルトベルク
3連単119万7680円的中
3連複20万7220円的中
★情報★

前走②③着の7枠2頭は当時が9、13番人気。他にも前走で人気になっていた馬がほとんどいない低調な組み合わせなら、久々の芝でもアカネサスの一発があって驚けないと判断した。

厩舎関係者も「5週前にダートへ連闘しようとして除外。先週もまたダートで除外と、今のクラスは使いたいところをなかなか使えないのが難儀。でも、オレ個人としてはずっと芝に戻したいという願望があったので、ここを使えるのはラッキーぐらいに考えているわけ。そもそもリングハミからブリンカーからチークまで馬具を完全装備してるぐらいの馬で、以前よりはモマれ強くなってるとはいえまともに砂を被るとフワッとしてしまうネックがあるからね。ここはメンバーもメンバーだから、久しぶりの芝がいい方に出れば一発あっても全然おかしくないんじゃないかとみているんだよ」と何気にヤル気を見せている。

3回阪神2日目6R
◎シンゼンデレヤ
△チェーロ
○オンザフェーヴル
3連単13万6930円的中
馬単6万2650円的中
3連複9750円的中
★情報★

シンゼンデレヤは3月デビューで⑤⑨⑨④⑤着。2走前の0秒8差を除けばとくに惜しい競馬もないのだが、最初から跨っている城戸くんの評価はずっと高いまま。いずれにしても人気になるような騎手・厩舎ではないだけに、馬券的にはつねに警戒しておく必要があるということになる。

厩舎関係者も「まだ稽古でもレースでもズブさはありますが、少しずつでも体が絞れてきたことで鞍上がだいぶ動かせるようになってきました。条件的にはタフな阪神ダート二千というのも悪くないはずなので、オンザフェーヴルぐらいしかいないこのメンバーならそろそろ馬券に絡んできてもおかしくないと思っているんですよ」と色気タップリ。

7回大井4日目7R
◎コスモボーラー
○コモンブレイク
△ロジフェーヴル
3連単13万1910円的中
3連複2万5740円的中
★情報★

当日の急な手替わりとなった3走前が着差以上の楽勝だったコスモボーラー。どうやらこの鞍上と手が合っているのは疑いようがなく、ハナから依頼をかけてきた今回は普通にヤリの態勢にあるとみて間違いない。

陣営も「前走があまりにも中途半端な競馬で脚を余していたので、さすがにオーナーサイドも『次は鞍上を替えてくれ』と。馬自身は今、凄く状態のイイ時なので、このジョッキーで3走前のような競馬をすれば結果はついてくると思っているんだ」と。

7回大井1日目11R
◎ガッツポーズ
△トドビエン
○ニーマルティアラ
3連単22万7550円的中
馬単5万2200円的中
3連複3万8280円的中
★情報★

時計は平凡でも、距離を延ばした前走が着差以上の楽勝だったガッツポーズ。この中間はひと開催スキップして長めから圧巻の好稽古。今の充実ぶりなら昇級しても遜色ないとみて狙い撃ちといく。

陣営も「2走前から乗っている矢野騎手の進言で距離を延ばしたんだけど、前走は期待どおりのイイ勝ち方だったね。どうやら手も合ってるようだし、ポテンシャル的にはこのクラスでも足りていい馬。枠もイイトコを引けたからうまく立ち回ればチャンスがあっていいと思っている」と。

1回新潟2日目11R『第42回新潟大賞典』
◎アトミックフォース
▲トーセンスーリヤ
△プレシャスブルー
3連複10万9810円的中
馬単1万8120円的中
★情報★

アトミックフォースは中5週以上で(4-0-0-3)。とりわけリフレッシュ放牧明けには抜群の実績がある。さらに言えば、東京・新潟で(4-1-0-3)の典型的なサウスポー。今回も分かりやすいローテでココを狙いすましてきたのは言うまでもないところ。

陣営も「同じ放牧明けだった前走時は体が20キロぐらい増えて戻ってきて仕上げが難しかったけど、今回は重賞を使うということで立ち上げからしっかりやって万全の態勢を整えてきた。ずっと辛口だった田辺が初めて褒めてくれた前走の強さは本物だと思うし、もともとが古馬になれば絶対にひと皮むけてくれると思っていた期待馬。ハンデも手頃な54キロで収まったので、あとはテキ(師)の息子が緊張しないでちゃんと乗れるかどうか。それだけだと思うよ」と。

障害練習を取り入れて走りが変わったブラヴァス、相手なりに走って崩れないトーセンスーリヤが本線。

2回中山1日目2R
◎サノノクヒオ
△チェスナットロール
△レジイナアン
3連複10万3040円的中
馬単3万6060円的中
★情報★

出遅れた初戦とは一転、好発からハイペースを先行して見せ場を作ったサノノクヒオ。この中間は2週続けて除外で使えないという誤算があったものの、先々週、今週と坂路52秒台の好稽古。明らかに良くなった動きを見る限り、その影響はまったくないと判断した。

厩舎サイドも「最内枠で出遅れたデビュー戦は競馬になりませんでしたが、前走は追い込みの展開になったことを思えば着順ほど悪い内容ではなかったと思います。その後は除外で延び延びになりましたが、むしろソエがだいぶ治まって動きが良化。もともと素質、能力は感じていた馬なので、そろそろ勝ち負けに持ち込んでも不思議ないとみているんです」と。攻めどおりなら前進あるのみ。

1回小倉6日目3R
◎ナイトオブレディ
○アニマフレスカ
△カシマホオズキ
3連単18万0120円的中
3連複3万9130円的中
馬単3910円的中
★情報★

1週前の坂路が圧巻だったナイトオブレディ。もとよりデビュー戦で1番人気に推された良血馬。立て直してローカルの牝馬限定戦なら、普通に素質上位の評価でいいだろう。

厩舎サイドも「結果として人気を裏切ってしまった初戦はトモの甘い走り。レース後にはユタカさん(武豊)に『使い出しが早い。エンジンとボディーのバランスが悪すぎる』と怒られちゃったので、一旦放牧に出して一から立て直すことにしたわけ。おかげで今は坂路で速い時計を出せるほど走りが改善しているし、気性も成長して凄くイイ雰囲気。これなら力どおりの走りが期待できるはずだから、まず初戦のようなことはないと思いますよ」と。少しでも人気が落ちるなら"美味"のひとこと。